PoFxSetComponentResidency 関数 (wdm.h)

PoFxSetComponentResidency ルーチンは、コンポーネントがアイドル状態に入った後、コンポーネントがアイドル状態を維持する可能性が高い期間の推定時間を設定します。

構文

void PoFxSetComponentResidency(
  [in] POHANDLE  Handle,
  [in] ULONG     Component,
  [in] ULONGLONG Residency
);

パラメーター

[in] Handle

電源管理フレームワーク (PoFx) を使用したデバイスの登録を表すハンドル。 デバイス ドライバーは、以前に PoFxRegisterDevice ルーチンからこのハンドルを受信しました。

[in] Component

コンポーネントを識別するインデックス。 このパラメーターは、デバイス ドライバーが PoFx にデバイスを登録するために使用するPO_FX_DEVICE構造体の Components 配列へのインデックスです。 Components 配列に N 個の要素が含まれている場合、コンポーネント インデックスの範囲は 0 から N ~ 1 です。

[in] Residency

推定滞在時間 (100 ナノ秒単位)。 このパラメーターは、アクティブな条件からアイドル状態に移行した後、コンポーネントがアイドル状態のままである可能性が高い期間に関する PoFx のヒントです。 詳細については、「解説」を参照してください。

戻り値

なし

解説

呼び出し元ドライバーは、PoFx がパフォーマンスを向上させるためのヒントとして使用できる推定居住時間を提供します。 PoFx では、このヒントを使用して、アイドル状態にあるコンポーネントに適した低電力 Fx 状態を選択します。

デバイス ドライバーは、状況の変化が推定居住時間の変更を必要とするたびに PoFxSetComponentResidency を呼び出すことができます。 各呼び出しの後、ドライバーが PoFxSetComponentResidency をもう一度呼び出して更新するまで、新しい推定居住時間は有効なままになります。

PoFxSetComponentResidency が呼び出されたときにコンポーネントがアイドル状態にある場合、PoFx は、呼び出し元によって指定された新しい推定居住時間に対応するようにコンポーネントの Fx 状態を変更する可能性があります。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows 8 以降で使用できます。
対象プラットフォーム ユニバーサル
Header wdm.h
Library Ntoskrnl.lib
[DLL] Ntoskrnl.exe
IRQL <= DISPATCH_LEVEL