READ_REGISTER_ULONG関数 (wdm.h)

READ_REGISTER_ULONG ルーチンは、指定されたポインターを逆参照し、メモリ バリアを挿入し、指定したレジスタ アドレスから ULONG 値を読み取ります。

構文

ULONG READ_REGISTER_ULONG(
  [in] volatile ULONG *Register
);

パラメーター

[in] Register

レジスタ アドレスへのポインター。これは、メモリ空間内のマップされた範囲である必要があります。

戻り値

READ_REGISTER_ULONGは 、指定したレジスタ アドレスから読み取られた ULONG 値を返します。

注釈

このルーチンは、コードにメモリ バリアを挿入します。 このバリアにより、このルーチンの呼び出しの前にソース コードに表示されるすべての操作が、呼び出し後に表示される操作の前に完了することが保証されます。

メモリ バリアの詳細については、「 KeMemoryBarrier」を参照してください。

READ_REGISTER_ULONGの呼び出し元は、レジスタが常駐でマップされたデバイス メモリであると仮定して、任意の IRQL で実行できます。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows 2000 以降で使用できます。
対象プラットフォーム ユニバーサル
Header wdm.h (Wdm.h、Ntddk.h、Ntifs.h、Ioaccess.h、ミニポート.h、Wudfwdm.h を含む)
Library NtosKrnl.lib
[DLL] NtosKrnl.exe
IRQL 任意のレベル (「解説」セクションを参照)