IQueueCallbackDeviceIoControl インターフェイス (wudfddi.h)

[警告: UMDF 2 は UMDF の最新バージョンであり、UMDF 1 よりも優先されます。 すべての新しい UMDF ドライバーは、UMDF 2 を使用して記述する必要があります。 UMDF 1 に新機能は追加されておらず、新しいバージョンの Windows 10 では UMDF 1 のサポートが制限されています。 ユニバーサル Windows ドライバーでは、UMDF 2 を使用する必要があります。 詳細については、「UMDF を使用したはじめに」を参照してください。

I/O キュー オブジェクトは、ドライバーのデバイス I/O 制御要求が使用可能な場合にドライバーに通知します。 I/O キュー オブジェクトは、Microsoft Win32 DeviceIoControl 関数を呼び出すアプリケーションに応答してドライバーに通知します。 ドライバーは、 IQueueCallbackDeviceIoControl インターフェイスを登録することで、通知を処理できます。

継承

IQueueCallbackDeviceIoControl インターフェイスは、IUnknown インターフェイスから継承します。 IQueueCallbackDeviceIoControl には、次の種類のメンバーもあります。

  • メソッド

メソッド

IQueueCallbackDeviceIoControl インターフェイスには、これらのメソッドがあります。

 
IQueueCallbackDeviceIoControl::OnDeviceIoControl

OnDeviceIoControl メソッドは、アプリケーションが Microsoft Win32 OnDeviceIoControl 関数を介してデバイスに対して特定の操作を実行するときに、デバイス I/O 制御要求を処理するために呼び出されます。

注釈

ドライバーは、IWDFDevice::CreateIoQueue メソッドを呼び出して I/O キューを作成するか、既定の I/O キューを構成するときに、IQueueCallbackDeviceIoControl インターフェイスを登録します。 I/O キューの作成または構成の詳細については、「I/O キュー のディスパッチ モードの構成」を参照してください。

要件

   
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー wudfddi.h