WUDF_INTERRUPT_ISR コールバック関数 (wudfinterrupt.h)

警告

UMDF 2 は UMDF の最新バージョンであり、UMDF 1 よりも優先されます。 すべての新しい UMDF ドライバーは、UMDF 2 を使用して記述する必要があります。 UMDF 1 に新機能は追加されておらず、新しいバージョンの Windows 10 では UMDF 1 のサポートが制限されています。 ユニバーサル Windows ドライバーでは、UMDF 2 を使用する必要があります。 詳細については、「UMDF を使用したはじめに」を参照してください。

ドライバーの OnInterruptIsr イベント コールバック関数は、ハードウェア割り込みを処理します。

構文

typedef
BOOLEAN
_Function_class_(WUDF_INTERRUPT_ISR)
WUDF_INTERRUPT_ISR(
    _In_
    IWDFInterrupt* Interrupt,
    _In_
    ULONG MessageID,
    _In_
    ULONG Reserved
    );

typedef WUDF_INTERRUPT_ISR *PFN_WUDF_INTERRUPT_ISR;

パラメーター

[in] Interrupt

IWDFInterrupt インターフェイスへのポインター。

[in] MessageID

デバイスがメッセージ信号割り込み (MSI) を使用している場合、このパラメーターはデバイスのハードウェア割り込みメッセージを識別するメッセージ番号です。 それ以外の場合、この値は 0 です。

[in] Reserved

システムで使用するために予約されています。

戻り値

なし

解説

ドライバーが割り込みの所有権を確認し、デバイスの割り込みを停止し、確認した場合は TRUE を返します。 それ以外の場合は FALSE を返します。

OnInterruptIsr コールバック関数を登録するには、ドライバーは、IWDFDevice3::CreateInterrupt を呼び出す前に、コールバック関数のアドレスを WUDF_INTERRUPT_CONFIG 構造体に配置する必要があります。

OnInterruptIsr コールバック関数は、UMDF ドライバーの割り込みサービス ルーチン (ISR) です。これは、ハードウェア割り込みが発生したときにPASSIVE_LEVELに呼び出されます。

エッジによってトリガーされる割り込みまたはメッセージシグナル割り込み (MSI) の場合、フレームワークはオペレーティング システムの割り込みディスパッチ コンテキストの外部で OnInterruptIsr を 呼び出します。 これは、UMDF では共有されていないエッジ トリガーまたは MSI 割り込みのみが許可され、ドライバーはこのコンテキスト内でそのハードウェアと対話する必要がないためです。

レベルによってトリガーされる割り込みの場合、フレームワークはオペレーティング システムの割り込みディスパッチのコンテキストで OnInterruptIsr を呼び出します。 その結果、ドライバーからの応答を待機しているカーネル モードでは、オペレーティング システムの割り込みディスパッチ スレッドがブロックされます。

通常、 OnInterruptIsr は、失われる可能性のある揮発性情報を保存し、ハードウェア割り込みをクリアします。 レベルによってトリガーされる割り込みの場合、ドライバーはデバイスの割り込みを停止して確認し、割り込みを所有している場合は TRUE を返す必要があります。 ドライバーは 、OnInterruptWorkItem コールバックでそれ以上の処理を行う必要があります。 作業項目をキューに格納するために、ドライバーは IWDFInterrupt::QueueWorkItemForIsr メソッドを 呼び出します。

UMDF ドライバーでの割り込みの処理の詳細については、「 ハードウェアへのアクセスと割り込みの処理」を参照してください。

関数型は、次のように Wudfinterrupt.h で宣言されています。

typedef
BOOLEAN
WUDF_INTERRUPT_ISR(
    _In_
    IWDFInterrupt* Interrupt,
    _In_
    ULONG MessageID,
    _In_
    ULONG Reserved
    );

typedef WUDF_INTERRUPT_ISR *PFN_WUDF_INTERRUPT_ISR;

MyInterruptIsr という名前の OnInterruptIsr コールバック関数を定義するには、次のように、SDV およびその他検証ツールで必要な関数宣言を最初に指定する必要があります。

WUDF_INTERRUPT_NOTIFY  MyInterruptIsr;

次に、次のようにコールバック関数を実装します。

BOOLEAN
  MyInterruptIsr (
    IN IWDFInterrupt*  Interrupt,
    IN ULONG  MessageID,
    IN ULONG Reserved
    )
  {…}

要件

   
サポート終了 UMDF 2.0 以降では使用できません。
対象プラットフォーム デスクトップ
最小 UMDF バージョン 1.11
Header wudfinterrupt.h

こちらもご覧ください