自動メモリ ダンプ

自動メモリ ダンプには、カーネル メモリ ダンプと同じ情報が含まれています。 この 2 つの違いは、ダンプ ファイル自体ではなく、システム ページング ファイルのサイズを設定Windows方法です。

システム ページング ファイルのサイズがシステム管理サイズに設定され、カーネル モードのクラッシュ ダンプが自動メモリ ダンプに設定されている場合、Windowsページング ファイルのサイズを RAM のサイズ未満に設定できます。 この場合、Windowsは、カーネル メモリ ダンプをほとんどの場合にキャプチャできるように、ページング ファイルのサイズを十分な大きさに設定します。

コンピューターがクラッシュし、ページング ファイルがカーネル メモリ ダンプをキャプチャするのに十分な大きさでない場合、Windowsページング ファイルのサイズが少なくとも RAM のサイズに増加します。 このイベントの時刻は、レジストリに記録されます。

HKLM\システム\CurrentControlSet\コントロール\CrashControl\LastCrashTime

ページング ファイルのサイズの増加は 4 週間維持され、小さいサイズに戻ります。 4 週間前に小さいページング ファイルに戻る場合は、レジストリ エントリを削除できます。

ページング ファイルの設定を表示するには、「システムとセキュリティ >> システムの詳細設定コントロール パネル>」を参照してください。 [パフォーマンス] で [設定] を選択します。 [ 詳細設定 ] タブの [ 仮想メモリ] で、[ 変更] を選択します。 [仮想メモリ] ダイアログ ボックスで、ページング ファイルの設定を確認できます。

screen shot of the virtual memory dialog box.

自動メモリ ダンプ ファイルは、既定で %SystemRoot%\Memory.dmp に書き込まれます。

自動メモリ ダンプは、Windows 8 以降で使用できます。

メモ 自動メモリ ダンプのデバッグ時にページのエラー メッセージが表示されないようにするには、 .ignore_missing_pages コマンドを使用します。

さまざまなカーネルモード ダンプ ファイル

カーネルモード ダンプ ファイル

カーネルモード ダンプ ファイルの作成