Share via


.opendump (ダンプ ファイルを開く)

.opendump コマンドは、デバッグ用のダンプ ファイルを開きます。

.opendump DumpFile 
.opendump /c "DumpFileInArchive" [CabFile] 

パラメーター

DumpFile
開くダンプ ファイルの名前を指定します。 DumpFile ファイル名拡張子 (通常は .dmp または .mdmp) を含める必要があり、絶対パスまたは相対パスを含めることができます。 相対パスは、デバッガを起動したディレクトリに対する相対パスです。

/c"DumpFileInArchive"
デバッグするダンプ ファイルの名前を指定します。 このダンプ・ファイルは、以下のアーカイブ・ファイルに含まれている必要があります CabFile 指定。 を囲む必要があります DumpFileInArchive ファイルを引用符で囲みます。

CabFile
開くアーカイブ ファイルの名前を指定します。 CabFileファイル名拡張子 (通常は .cab) を含める必要があり、絶対パスまたは相対パスを含めることができます。 相対パスは、デバッガを起動したディレクトリに対する相対パスです。 If you use the /c アーカイブ内のダンプ・ファイルを指定するように切り替えるが、省略する CabFile, デバッガは、最後に開いたアーカイブファイルを再利用します。

環境

モード

ユーザー モード、カーネル モード

Targets

クラッシュ ダンプのみ (ただし、他のセッションが実行中の場合でもこのコマンドを使用できます)

プラットフォーム

すべて

解説

After you use the .opendump コマンドを使用する場合は g (Go) コマンドを使用して、ダンプ ファイルの読み込みを完了します。

アーカイブ ファイル (CAB ファイルなど) を開く場合は /c スイッチ. このスイッチを使用せず、アーカイブを DumpFile, デバッガーは、このアーカイブ内でファイル名拡張子が .mdmp または .dmp の最初のファイルを開きます。

あなたは使うことができます .opendump デバッグ セッションが既に進行中の場合でも。 この機能を使用すると、複数のクラッシュ ダンプを同時にデバッグできます。 複数ターゲット セッションを制御する方法の詳細については、次を参照してください 複数のターゲットのデバッグ.

手記 ライブ ターゲットとダンプ ターゲットを一緒にデバッグすると、デバッグの種類ごとにコマンドの動作が異なるため、複雑になります。 たとえば g (Go) コマンド 現在のシステムがダンプ ファイルの場合、デバッガは実行を開始しますが、break コマンドがダンプ ファイルのデバッグに有効であると認識されないため、デバッガにブレークバックすることはできません。