次の方法で共有


.symfix (シンボル ストア パスの設定)

.symfix コマンドは、Microsoft シンボル ストアを指すシンボル パスを自動的に設定します。

.symfix[+] [LocalSymbolCache]

パラメーター

+
Microsoft シンボル ストア パスを既存のシンボル パスに追加します。 これを指定しなかった場合は、既存のシンボル パスが置き換えられます。

LocalSymbolCache
ローカル シンボル キャッシュとして使用するディレクトリを指定します。 このディレクトリが存在しない場合は、シンボル サーバーがファイルのコピーを開始するときに作成されます。 LocalSymbolCache を省略した場合は、デバッガーのインストール ディレクトリの sym サブディレクトリが使用されます。

環境

項目 説明
モード ユーザー モード、カーネル モード
対象 ライブ、クラッシュ ダンプ
プラットフォーム すべて

追加情報

詳細については、「シンボル サーバーとシンボル ストアの使用」を参照してください。

解説

次の例は、.symfix を使用して、Microsoft シンボル ストアを指す新しいシンボル パスを設定する方法を示しています。

3: kd> .symfix c:\myCache
3: kd> .sympath
Symbol search path is: srv*
Expanded Symbol search path is: cache*c:\myCache;SRV*https://msdl.microsoft.com/download/symbols

次の例は、.symfix+ を使用して、既存のシンボル パスに、Microsoft シンボル ストアのパスを追加する方法を示しています。

3: kd> .sympath
Symbol search path is: c:\someSymbols
Expanded Symbol search path is: c:\somesymbols
3: kd> .symfix+ c:\myCache
3: kd> .sympath
Symbol search path is: c:\someSymbols;srv*
Expanded Symbol search path is: c:\somesymbols;cache*c:\myCache;SRV*https://msdl.microsoft.com/download/symbols