WHQL リリース署名

Windows Hardware Lab Kit (HLK) テストに合格したドライバー パッケージは、WHQL によってデジタル署名できます。 ドライバー パッケージが WHQL によってデジタル署名されている場合は、Windows Update プログラムまたはその他の Microsoft がサポートする配布メカニズムを通じて配布できます。

WHQL リリース署名の取得は、 Windows Hardware Lab Kit (HLK) の一部です。 WHQL リリース署名は、デジタル署名されたカタログ ファイルから成ります。 テスト向けに提出するドライバーのバイナリ ファイルや INF ファイルがデジタル署名によって変更されることはありません。

WHQL リリース署名の取得は、次で構成されます。

  • Windows HCK を使用して ドライバー パッケージ をテストし、ドライバー パッケージが Microsoft Windows と互換性があることを確認します。 HCK がインストールされると、ドライバー テスト マネージャー (DTM) が実行され、ドライバー パッケージがテストおよび検証されます。 詳細については、「 Windows Hardware Lab Kit (HLK)」を参照してください。

  • DTM テスト ログを Windows Quality Online Services に送信して、ドライバー パッケージの WHQL リリース署名を取得します。 詳細については、「 Windows Hardware Lab Kit (HLK)」を参照してください。

WHQL の詳細については、 Windows Hardware Quality Labs の Web サイトを参照してください。

メモ WHQL では、ドライバー ファイルに署名は埋め込まれません。 サード パーティの商用 リリース証明書を使用して、ドライバー ファイルに署名を埋め込むことができます。 ドライバー パッケージを WHQL に送信する前に、ドライバー ファイルに署名を埋め込みます。