Share via


IRP_MJ_POWER

すべてのドライバーは、DispatchPower ルーチンで IRP_MJ_POWER 要求を処理できるようにしておく必要があります。

送信時

電源マネージャーまたはドライバーは、オペレーティング システムの実行中であれば、いつでも IRP_MJ_POWER 要求を送信できます。

入力パラメーター

IRP の現在の I/O スタックの場所の MinorFunction の値に依存します。 すべての IRP_MJ_POWER 要求は、要求された電源アクションを識別するマイナー関数コードを指定します。

出力パラメーター

IRP の現在の I/O スタックの場所の MinorFunction の値に依存します。

操作

IRP の処理を管理する通常の規則のほか、IRP_MJ_POWER IRP には、電源マネージャーまたは上位レベルのドライバーによって IRP に指定されている I/O スタックの場所で、電源 IRP を受け取るドライバーが、主要な関数コードとマイナー関数コードを変更してはならないという特別な要件があります。 電源マネージャーは、IRP が完了するまでこれらの関数コードが変更されないことに依存しています。 この規則に違反すると、デバッグが困難になる問題が発生することがあります。 たとえば、オペレーティング システムが応答しなくなることや "ハング" することがあります。

IRP_MJ_POWER 要求の詳細については、「電源管理のマイナー IRP」を参照してください。

要件

ヘッダー

Wdm.h (Wdm.h、Ntddk.h、Ntifs.h を含む)

関連項目

DispatchPower