Share via


BIOS/MBR ベースのハード ドライブ パーティション

BIOS ベースのデバイスに Windows を展開する場合は、ハード ディスク ドライブ (HDD)、ソリッドステート ドライブ (SSD)、その他のドライブ用のカスタム パーティション レイアウトを作成します。

Note

Windows 10 または Windows 11 のデスクトップ エディション (Home、Pro、Enterprise、Education) でカスタム パーティション レイアウトを使用する場合は、回復ツールで必要に応じてカスタム パーティション レイアウトを再作成できるように、プッシュボタン リセット回復スクリプトを更新してください。

パーティションの要件

BIOS ベースのデバイスに Windows を展開する場合は、MBR ファイル システムを使用して、ハード ドライブをフォーマットする必要があります。 Windows は、BIOS ベースのコンピューター上の GUID パーティション テーブル (GPT) ファイル システムをサポートしていません。

MBR ドライブには、最大 4 つの標準パーティションを作成することができます。 通常、これらの標準パーティションは、"プライマリ パーティション" として指定されます。 この制限を超えて追加のパーティションを作成する方法については、「BIOS/MBR ベースのハードディスクに 4 つより多くのパーティションを構成する」を参照してください。

システム パーティション

起動可能なドライブには、必ずシステム パーティションが必要です。 また、システム パーティションはアクティブ パーティションとして構成されている必要があります。

このパーティションの最小サイズは 100 MB です。

Windows パーティション

  • このパーティションには、64 ビット バージョンの場合は 20 GB 以上、32 ビット バージョンの場合は 16 GB 以上のドライブ領域が含まれている必要があります。
  • Windows パーティションは、NTFS ファイル形式を使用してフォーマットされている必要があります。
  • ユーザーが Out Of Box Experience (OOBE) を完了し、自動メンテナンスが完了した後、Windows パーティションには 16 GB の空き領域が含まれている必要があります。
  • このパーティションの最大容量は 2 テラバイト (TB) です。 2TB を超えて可視パーティション領域を拡張するソフトウェア ツールは、アプリケーションの互換性と回復に使用されるソフトウェア ソリューションに干渉する可能性があるため、BIOS ではサポートされていません。

回復ツールのパーティション

自動フェールオーバーと、Windows BitLocker ドライブ暗号化で暗号化されたパーティションの起動をサポートするために、別の回復パーティションを作成します。

このパーティションは、Windows パーティションの直後にある別のパーティションに配置することをお勧めします。 これにより、今後の更新プログラムにより大きな回復イメージが必要になった場合、Windows は後でこのパーティションを変更して再作成できます。

Windows 回復環境 (Windows RE) ツールには追加の空き領域が必要です。

  • 特にカスタム パーティション レイアウトでは、今後の更新プログラムに対応するために最小 52 MB が必要ですが、250 MB が推奨されます。

空き領域を計算する場合は、次のことに注意してください。

  • 回復イメージ winre.wim は通常、どのようなドライバー、言語、カスタマイズを追加するかに応じて 250-300 MB の間です。
  • ファイル システム自体に追加の領域が必要になる場合があります。 たとえば、NTFS では 750 MB パーティションで 5-15 MB 以上が予約される可能性があります。

データ パーティション

推奨されるパーティション レイアウトにユーティリティやデータ パーティションは含まれていません。

ただし、ユーティリティまたはデータ パーティションが必要な場合は、Windows パーティションの前か、Windows RE パーティションの後に配置する必要があります。 Windows パーティションと回復パーティションを隣接させることで、将来、Windows RE 領域の更新があったときに、Windows パーティションを縮小して Windows RE パーティションを拡張できるようになります。

このレイアウトでは、エンド ユーザーがデータ パーティションを削除し、その領域を Windows パーティションとマージすることが難しくなります。 たとえば、Windows パーティションを拡張できるようにするには、Windows RE パーティションをデータ パーティションから再利用される未使用領域の最後に移動させる必要があることが考えられます。 Windows 10 には、このプロセスを容易にするための機能またはユーティリティは含まれていません。 ただし、PC にデータ パーティションが付属している場合、製造元はこのようなユーティリティを開発して提供できます。

各パーティションの最大容量は 2 テラバイト (TB) です。

合計で 4 つより多くの数のパーティションをディスクに追加する場合は、「BIOS/MBR ベースのハードディスクに 4 つより多くのパーティションを構成する」で、詳細を確認してください。

パーティションのレイアウト

Windows イメージングおよび構成デザイナー (ICD) で作成した起動可能な USB キーを使用して Windows をインストールした場合、既定でシステム パーティション、Windows パーティション、回復ツール パーティションというレイアウトが作成されます。

diagram of default partition layout: system, windows, and recovery

システムとユーティリティのパーティション

既定では、システム パーティションはエクスプローラーに表示されません。 これにより、エンド ユーザーが誤ってパーティションを変更するのを防ぐことができます。

システム パーティションとユーティリティ パーティションのリセットを防ぐには、タイプ 0x27 を使用します。 次のタイプは使用しないでください: 0x7、0x0c、0x0b、0x0b、0x06、0x42。

パーティションをユーティリティ パーティションとして設定するには

展開プロセスで Diskpart を使用する場合は、パーティションを作成した後に set id=27 コマンドを使用します。

システムとユーティリティ パーティションが存在することを確認するには

  1. [スタート] をクリックし、[この PC] を右クリックして [管理] をクリックします。 [コンピューターの管理] ウィンドウが開きます。
  2. [ディスクの管理] をクリックします。 使用可能なドライブとパーティションの一覧が表示されます。
  3. ドライブとパーティションの一覧で、システムおよびユーティリティ パーティションが存在し、ドライブ文字が割り当てられていないことを確認します。

サンプル ファイル: Windows PE および DiskPart スクリプトを使用してディスク レイアウトを構成する

イメージ ベースの展開の場合は、PC を Windows PE に起動した後、DiskPart ツールを使用してターゲット PC 上にパーティション構造を作成します。

Note

これらの DiskPart の例では、パーティションには System=S、Windows=W、Recovery=R の文字が割り当てられます。

ドライブ文字の競合を避けるために、Windows のドライブ文字をアルファベットの最後に近い文字 (W など) に変更します。 X は Windows PE のために予約されているため、このドライブ文字は使用しないでください。 デバイスの再起動後、Windows パーティションには文字 C が割り当てられますが、他のパーティションにはドライブ文字が割り当てられません。

再起動すると、Windows セットアップ内の構成には関係なく、Windows PE によってディスク文字がアルファベット順に (文字 C から) 再割り当てされます。 この構成は、さまざまなドライブ (USB フラッシュ ドライブなど) の存在に基づいて変更される場合があります。

次の手順では、ハード ドライブをパーティション分割し、イメージの適用を準備する方法について説明します。 以降のセクションのコードを使用すると、次の手順を完了できます。

ハード ドライブをパーティション分割し、イメージの適用を準備するには

  1. 次のコードをテキスト ファイル (CreatePartitions-BIOS.txt) として USB フラッシュ ドライブに保存します。

    rem == CreatePartitions-BIOS.txt ==
    rem == These commands are used with DiskPart to
    rem    create three partitions
    rem    for a BIOS/MBR-based computer.
    rem    Adjust the partition sizes to fill the drive
    rem    as necessary. ==
    select disk 0
    clean
    rem == 1. System partition ======================
    create partition primary size=100
    format quick fs=ntfs label="System"
    assign letter="S"
    active
    rem == 2. Windows partition =====================
    rem ==    a. Create the Windows partition =======
    create partition primary
    rem ==    b. Create space for the recovery tools  
    rem       ** Update this size to match the size of
    rem          the recovery tools (winre.wim)
    rem          plus some free space.
    shrink minimum=650
    rem ==    c. Prepare the Windows partition ====== 
    format quick fs=ntfs label="Windows"
    assign letter="W"
    rem == 3. Recovery tools partition ==============
    create partition primary
    format quick fs=ntfs label="Recovery"
    assign letter="R"
    set id=27
    list volume
    exit
    
  2. Windows PE を使用してターゲット コンピューターを起動します。

  3. ドライブをクリーンアップしてパーティション分割します。 この例では、F は USB フラッシュ ドライブの文字です。

    DiskPart /s F:\CreatePartitions-BIOS.txt
    
  4. Windows 10 デスクトップ エディションでカスタム パーティション レイアウトを使用する場合は、回復ツールで必要に応じてカスタム パーティション レイアウトを再作成できるように、プッシュボタン回復スクリプトを更新してください。

    重要

    パーティション サイズによるベア メタル回復起動の問題を回避するために、製造元は、回復 WIM に使用されるパーティションを作成するためのベア メタル回復機能の自動生成スクリプトを許可することをお勧めします。 製造元がパーティション作成にカスタム DISKPART スクリプトを使用したい場合、推奨される最小パーティション サイズは 990 MB と最小 250 MB の空き領域です。

次のステップ

新しく作成されたパーティションに Windows イメージを適用するには、展開スクリプトを使用します。 詳細については、「Windows、システム、復旧パーティションのキャプチャと適用」を参照してください。

サンプル スクリプト

BIOS/MBR ベースのハードディスクに 4 つより多くのパーティションを構成する

UEFI/GPT ベースのハード ドライブ パーティションを構成する

BitLocker ドライブ暗号化

ディスク ミラーリングの構成