generalize

Windows セットアップの generalize 構成パスは、組織全体で使用できる Windows 参照イメージの作成時に使用されます。 generalize 構成パスの設定を使用すると、この参照イメージのすべての展開の動作を自動化できます。 一方、specialize 構成パスに適用された設定を使用すると、単一の特定の展開の動作を上書きできます。

システムが generalize パスで一般化されると、Windows の個別のインストールに含まれる固有の構成データが削除されます。 たとえば、generalize 構成パスでは、一意のセキュリティ ID (SID) やその他のハードウェア固有の設定がイメージから削除されます。

generalize 構成パスが実行されるのは、/generalize オプションを指定して Sysprep コマンドを実行した場合のみです。 Sysprep による汎化が実行される前に、応答ファイル内の <generalize> セクションにある応答ファイルの設定がシステムに適用されます。 システムは、その後シャットダウンします。

次の図は、generalize 構成パスのプロセスを示しています。

generalize configuration pass

次回システムを起動した直後に、specialize 構成パスが実行されます。 Sysprep の実行時に、Windows を監査モードで起動するか、[Windows へようこそ] を起動するかを決定できます。そのためには、/audit または /oobe を指定します。 コンピューターが監査モードで起動するように設定されているか、[Windows へようこそ] が起動するように設定されているかに関係なく、コンピューターが汎化された後には、specialize 構成パスが必ず実行されます。

sysprep /generalize コマンドを使用して、Windows イメージを新しいコンピューターに移動またはコピーする方法を事前に指定する必要があります。 詳細については、「Windows インストールの Sysprep (一般化)」をご覧ください。

構成パスのしくみ

auditSystem

auditUser

offlineServicing

oobeSystem

specialize

windowsPE