start

指定したプログラムまたはコマンドを実行する別のコマンド プロンプト ウィンドウを起動します。

構文

start ["title"] [/d <path>] [/i] [{/min | /max}] [{/separate | /shared}] [{/low | /normal | /high | /realtime | /abovenormal | /belownormal}] [/node <NUMA node>] [/affinity <hexaffinity>] [/wait] [/b] [/machine <x86|amd64|arm|arm64>] [<command> [<parameter>... ] | <program> [<parameter>... ]]

Note

machine パラメーターは現在、Windows 11 のみのプレビュー段階です。 このパラメーターは、Windows 11 Insider Preview Build 22557 以降で使用できます。 この情報はプレリリース製品に関連するものであり、リリース前に大幅に変更される可能性があります。 ここに記載された情報について、Microsoft は明示または黙示を問わずいかなる保証をするものでもありません。

パラメーター

パラメーター 説明
<"title"> コマンド プロンプト ウィンドウのタイトル バーに表示するタイトルを指定します。
/d <path> スタートアップ ディレクトリを指定します。
/i Cmd.exe スタートアップ環境を新しいコマンド プロンプト ウィンドウに渡します。 /i が指定されていない場合、現在の環境が使用されます。
{/min \| /max} 新しいコマンド プロンプト ウィンドウの最小化 (/min) または最大化 (/max) を指定します。
{/separate \| /shared} 別のメモリ領域で 16 ビット プログラムを起動 (/separate) または共有メモリの領域 (/共有)。 64 ビット プラットフォームでは、これらのオプションはサポートされていません。
{/low \| /normal \| /high \| /realtime \| /abovenormal \| /belownormal} 指定した優先度クラスでは、アプリケーションを起動します。
/node <NUMA node> 推奨される Non-Uniform Memory Architecture (NUMA) ノードを 10 進整数として指定します。
/affinity <hexaffinity> 新しいアプリケーションを (16 進数として表されます)、指定されたプロセッサ関係マスクを適用します。
/wait アプリケーションを起動し、終了するまで待機します。
/b 新しいコマンド プロンプト ウィンドウを開くことなく、アプリケーションを起動します。 CTRL キーを押しながら C キーの処理には、アプリケーションは CTRL + C 処理を有効にしない限りは無視されます。 アプリケーションを中断するのにには、CTRL キーを押しながら BREAK キーを使用します。
/machine <x86\|amd64\|arm\|arm64> アプリケーション プロセスのマシン アーキテクチャを指定します。
[<command> [<parameter>... ] \| <program> [<parameter>... ]] 開始するコマンドまたはプログラムを指定します。
<parameter> コマンドまたはプログラムに渡すパラメーターを指定します。
/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。

解説

  • コマンドとしてファイルの名前を入力することにより、ファイルの関連付けを通じて非実行可能ファイルを実行できます。

  • 拡張子またはパスの修飾子を指定せず、最初のトークンとして文字列 CMD を含むコマンドを実行すると、CMD は COMSPEC 変数の値に置き換えられます。 これを取得できないように cmd 、現在のディレクトリからです。

  • 32 ビットのグラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) アプリケーションを実行する場合、cmd は、アプリケーションが終了するのを待たずにコマンド プロンプトに戻ります。 この動作は、コマンド スクリプトからアプリケーションを実行する場合に発生しません。

  • 実行するコマンドで最初に使用されているトークンが、コマンドでも、拡張子を持つ既存のファイルへのファイル パスでもない場合は、Cmd.exe により、PATHEXT 環境変数の値を使用して、検索する拡張子とその順序が決定されます。 PATHEXT 変数の既定値は、.COM;.EXE;.BAT;.CMD;.VBS;.VBE;.JS;.JSE;.WSF;.WSH;.MSC です。

    構文は、各拡張機能を分離することをセミコロン (;) で区切って、パス変数と同じことに注意してください。

  • start は、指定された実行可能ファイルを検索し、見つかった場合は、現在の作業ディレクトリに関係なく実行可能ファイルを起動します。 実行可能ファイルを検索して、どの拡張子にも一致するものがないと、start は名前がディレクトリ名と一致するかどうかを調べます。 一致する場合、そのパスにある Explorer.exestart によって開かれます。

コマンド プロンプトで Myapp プログラムを開始し、現在のコマンド プロンプト ウィンドウを使い続けるには、次のように入力します。

start Myapp

別の最大化されたコマンド プロンプト ウィンドウで start のコマンドライン ヘルプ トピックを表示するには、次のように入力します。

start /max start /?

その他のリファレンス