AD フォレストの回復 - システム状態データのバックアップ

適用対象: Windows Server 2022、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 および 2012 R2、Windows Server 2008 および 2008 R2

Windows Server バックアップまたは wbadmin.exe を使用して、DC 上でシステム状態のバックアップを実行するには、次の手順に従います。

Windows Server バックアップを使用してシステム状態のバックアップを実行するには

  1. サーバー マネージャーで、[ツール] をクリックし、[Windows Server バックアップ] をクリックします。

    • Windows Server 2008 R2 および Windows Server 2008 で、[スタート] をクリックし、[管理ツール] をポイントして、[Windows Server バックアップ] をクリックします。

    Screenshot that highlights the Windows Server Backup menu option.

  2. メッセージが表示されたら、[ユーザー アカウント制御] ダイアログ ボックスで、バックアップ オペレーターの資格情報を入力し、[OK] をクリックします。

  3. [ローカル バックアップ] をクリックします。

  4. [操作] メニューの [バックアップ (1 回限り)] をクリックします。

  5. バックアップ (1 回限り) ウィザードの [バックアップ オプション] ページで、[別のオプション][次へ] の順にクリックします。

    Screenshot that shows the Backup Options page with the Different Options option selected.

  6. [バックアップの構成の選択] ページで [カスタム] を選択して [次へ]をクリックします。

  7. [バックアップする項目の選択] 画面で、[項目の追加]をクリックし、[システム状態] を選択して [OK] をクリックします。

    • Windows server 2008 R2 および Windows server 2008 で、バックアップに含めるボリュームを選択します。 [システム回復を有効にする] チェックボックスをオンにすると、すべての重要なボリュームが選択されます。

    Screenshot that shows the System State check box selected.

  8. [バックアップの場所の種類指定] ページで、[ローカル ドライブ] または [リモート共有フォルダー] をクリックし、[次へ] をクリックします。 リモート共有フォルダーにバックアップする場合は、次の手順を実行します。

    • 共有フォルダーへのパスを入力します。
    • [アクセス制御] で、[継承しない] または [継承する] を選択してバックアップへのアクセスを決定し、[次へ] をクリックします。
    • [バックアップ用のユーザー資格情報の指定] ダイアログ ボックスで、共有フォルダーへの書き込みアクセス権を持つユーザーのユーザー名とパスワードを入力し、[OK] をクリックします。
  9. Windows server 2008 R2 および Windows server 2008 の場合は、[詳細オプションの指定] ページで [VSS コピー バックアップ] を選択し、[次へ] をクリックします。

  10. [バックアップ先の選択] ページで、バックアップの場所を選択します。 ローカル ドライブを選択した場合はローカル ドライブを、リモート共有を選択した場合はネットワーク共有を選択します。

  11. 確認画面で、[バックアップ] をクリックします。

  12. 完了したら、[閉じる] をクリックします。

  13. Windows Server バックアップを閉じます。

Wbadmin.exe を使用してシステム状態のバックアップを実行するには

管理者特権のコマンド プロンプトを開き、次のコマンドを入力して、Enter キーを押します。

wbadmin start systemstatebackup -backuptarget:<targetDrive>:

Install Backup

次の手順