マネージド ノードに拡張機能ペイロードをインストールする

適用先:Windows Admin Center、Windows Admin Center Preview

セットアップ

注意

このガイドのとおりにするには、ビルド 1.2.1904.02001 以上が必要です。 ビルド番号を確認するには、Windows Admin Center を開いて、上部の疑問符をクリックします。

まだ行っていない場合は、Windows Admin Center 用のツール拡張機能を作成します。 これを行った後、拡張機能を作成するときに使った値を記録しておきます。

説明
{!Company Name} 会社名 (スペースを含む) Contoso
{!Tool Name} ツール名 (スペースを含む) InstallOnNode

ツール拡張機能フォルダーの中に、Node フォルダーを作成します ({!Tool Name}\Node)。 このフォルダーに配置されたすべてのものが、この API を使うとマネージド ノードにコピーされます。 ユース ケースに必要なすべてのファイルを追加してください。

また、{!Tool Name}\Node\installNode.ps1 スクリプトも作成します。 すべてのファイルが {!Tool Name}\Node フォルダーからマネージド ノードにコピーされた後、このスクリプトがマネージド ノードで実行されます。 ユース ケースのための追加ロジックをすべて追加してください。 {!Tool Name}\Node\installNode.ps1 ファイルの例:

# Add logic for installing payload on managed node
echo 'Success'

注意

API は、この特定の名前で {!Tool Name}\Node\installNode.ps1 を検索します。 このファイルの名前を変更すると、エラーが発生します。

UI との統合

\src\app\default.component.ts を次のように更新します。

import { Component } from '@angular/core';
import { AppContextService } from '@microsoft/windows-admin-center-sdk/angular';
import { Observable } from 'rxjs';

@Component({
  selector: 'default-component',
  templateUrl: './default.component.html',
  styleUrls: ['./default.component.css']
})

export class DefaultComponent {
  constructor(private appContextService: AppContextService) { }

  public response: any;
  public loading = false;

  public installOnNode() {
    this.loading = true;
    this.post('{!Company Name}.{!Tool Name}', '1.0.0',
      this.appContextService.activeConnection.nodeName).subscribe(
        (response: any) => {
          console.log(response);
          this.response = response;
          this.loading = false;
        },
        (error) => {
          console.log(error);
          this.response = error;
          this.loading = false;
        }
      );
  }

  public post(id: string, version: string, targetNode: string): Observable<any> {
    return this.appContextService.node.post(targetNode,
      `features/extensions/${id}/versions/${version}/install`);
  }

}

プレースホルダーを、拡張機能の作成時に使用した値に更新します。

this.post('contoso.install-on-node', '1.0.0',
      this.appContextService.activeConnection.nodeName).subscribe(
        (response: any) => {
          console.log(response);
          this.response = response;
          this.loading = false;
        },
        (error) => {
          console.log(error);
          this.response = error;
          this.loading = false;
        }
      );

また、\src\app\default.component.html を次のように更新します。

<button (click)="installOnNode()">Click to install</button>
<sme-loading-wheel *ngIf="loading" size="large"></sme-loading-wheel>
<p *ngIf="response">{{response}}</p>

最後は \src\app\default.module.ts です。

import { CommonModule } from '@angular/common';
import { NgModule } from '@angular/core';

import { LoadingWheelModule } from '@microsoft/windows-admin-center-sdk/angular';
import { DefaultComponent } from './default.component';
import { Routing } from './default.routing';

@NgModule({
  imports: [
    CommonModule,
    LoadingWheelModule,
    Routing
  ],
  declarations: [DefaultComponent]
})
export class DefaultModule { }

NuGet パッケージの作成とインストール

最後のステップでは、追加したファイルで NuGet パッケージを作成し、そのパッケージを Windows Admin Center にインストールします。

これまでに拡張機能パッケージを作成したことがない場合は、「拡張機能の公開」ガイドに従ってください。

重要

この拡張機能の .nuspec ファイルでは、<id> の値がプロジェクトの manifest.json の名前と一致し、<version>\src\app\default.component.ts に追加したものと一致していることが重要です。 また、<files> の下にエントリを追加します。

<file src="Node\**\*.*" target="Node" />.

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<package xmlns="https://schemas.microsoft.com/packaging/2011/08/nuspec.xsd">
  <metadata>
    <id>contoso.install-on-node</id>
    <version>1.0.0</version>
    <authors>Contoso</authors>
    <owners>Contoso</owners>
    <requireLicenseAcceptance>false</requireLicenseAcceptance>
    <projectUrl>https://msft-sme.myget.org/feed/windows-admin-center-feed/package/nuget/contoso.sme.install-on-node-extension</projectUrl>
    <licenseUrl>http://YourLicenseLink</licenseUrl>
    <iconUrl>http://YourLogoLink</iconUrl>
    <description>Install on node extension by Contoso</description>
    <copyright>(c) Contoso. All rights reserved.</copyright>
  </metadata>
    <files>
    <file src="bundle\**\*.*" target="ux" />
    <file src="package\**\*.*" target="gateway" />
    <file src="Node\**\*.*" target="Node" />
  </files>
</package>

このパッケージを作成したら、そのフィードにパスを追加します。 Windows Admin Center で [設定] > [拡張機能] > [フィード] に移動し、そのパッケージが存在する場所へのパスを追加します。 拡張機能のインストールが完了したら、install ボタンをクリックすると API が呼び出されるようになるはずです。