高精度の時間のサポート範囲

適用対象: Windows Server 2022、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows 10 バージョン 1607 以降、Azure Stack HCI バージョン 21H2 および 20H2

この記事では、高精度かつ安定したシステム時刻を必要とする環境での Windows タイム サービス (W32Time) のサポート範囲について説明します。

Windows 8.1 および 2012 R2 (またはそれ以前) での高精度のサポート

以前のバージョンの Windows (Windows 10 1607 または Windows Server 2016 1607 より前) では、高精度の時間を保証できません。 これらのシステムの Windows タイム サービスでは、以下が保証されます。

  • Kerberos バージョン 5 の認証要件を満たすために必要な時間の精度が提供される

  • 共通の Active Directory フォレストに参加している Windows クライアントおよびサーバーに、ある程度正確な時間が提供される

より厳密な精度要件は、これらのオペレーティング システム上での Windows タイム サービスの設計仕様の範囲外であり、サポートされていません。

Windows 10 および Windows Server 2016

Windows 10 および Windows Server 2016 では、以前の Windows バージョンでの NTP 下位互換性を完全に維持しながら、時間の精度が大幅に改善されています。 適切な動作条件下であれば、Windows 10 または Windows Server 2016 以降のリリースを実行しているシステムでは、1 秒、50ms (ミリ秒)、または 1ms の精度を提供できます。

重要

高精度な時間のソース
トポロジ上で結果として得られる時間の精度は、正確で安定したルート (階層 1) タイム ソースを使用することに大きく依存します。 Windows ベースおよび非 Windows ベースの高精度かつ Windows と互換性のある NTP タイム ソース ハードウェアが、サードパーティ ベンダーによって販売されています。 製品の精度については、ベンダーにご確認ください。

重要

時間の精度
時間の精度を確保することにより、権限のある高精度なタイム ソースからエンド デバイスへ、エンドツーエンドでの正確な時間の配信が可能になります。 ネットワークの非対称を招く要因は、精度に悪影響を及ぼします。たとえば、物理ネットワーク デバイスやターゲット システム上の CPU 高負荷などです。

高精度の要件

このドキュメントの以降の部分では、各高精度のターゲットをサポートするために満たされる必要がある環境要件をまとめています。

ターゲットの精度:1 秒 (1s)

高精度なタイム ソースと比較した場合に、特定のターゲット コンピューターに対して 1s の精度を実現するには、次のことが必要になります。

  • ターゲット システムでは、Windows 10、Windows Server 2016 が実行されている必要があります。

  • ターゲット システムでは、タイム サーバーの NTP 階層から時間を同期し、最終的には高精度かつ Windows と互換性のある NTP タイム ソースを利用する必要があります。

  • 上述した NTP 階層での Windows オペレーティング システムはすべて、「高精度のシステムの構成」ドキュメントに従って構成される必要があります。

  • ターゲットとソース間の一方向の累積ネットワーク待機時間は、100ms を超えることはできません。 累積のネットワーク遅延は、ターゲットから開始されソースで終了する階層内の NTP クライアント/サーバー ノードのペア間で生じる個々の一方向遅延を加算して、測定されます。 詳細については、高精度の時間の同期に関するドキュメントを確認してください。

ターゲットの精度:50 ミリ秒

このセクション内でより厳密な制御が明示されない限り、セクション「ターゲットの精度: 1 秒」にまとめられているすべての要件が適用されます。

特定のターゲット システムにおいて 50ms の精度を達成するための追加要件は、次のとおりです。

  • ターゲット コンピューターでは、タイム ソース間でのネットワーク待機時間が 5ms 未満になる必要があります

  • ターゲット システムでは、高精度なタイム ソースからの階層 5 を越えないようにする必要があります

    注意

    階層を表示するには、コマンド ラインから "w32tm /query /status" を実行します。

  • ターゲット システムでは、高精度なタイム ソースからのネットワーク ホップが 6 以下の範囲内である必要があります

  • すべての階層での 1 日の平均 CPU 使用率が 90% を超えることはできません

  • 仮想化されたシステムの場合、ホストの 1 日の平均 CPU 使用率が 90% を超えることはできません

ターゲットの精度:1 ミリ秒

このセクション内でより厳密な制御が明示されない限り、セクション「ターゲットの精度: 1 秒」と「ターゲットの精度: 50 ミリ秒」にまとめられているすべての要件が適用されます。

特定のターゲット システムにおいて 1ms の精度を達成するための追加要件は、次のとおりです。

  • ターゲット コンピューターでは、タイム ソース間でのネットワーク待機時間が 0.1ms 未満になる必要があります

  • ターゲット システムでは、高精度なタイム ソースからの階層 5 を越えないようにする必要があります

    注意

    階層を表示するには、コマンド ラインから 'w32tm /query /status' を実行します

  • ターゲット システムでは、高精度なタイム ソースからのネットワーク ホップが 4 以下の範囲内である必要があります

  • 各階層にわたっての 1 日の平均 CPU 使用率が 80% を超えることはできません

  • 仮想化されたシステムの場合、ホストの1 日の平均 CPU 使用率が 80% を超えることはできません