リモート デスクトップ サービスでサポートされる RDP プロパティ

組織は、リモート デスクトップ サービス (RDS) でリモート デスクトップ プロトコル (RDP) プロパティを一元的に構成して、接続の動作を決定できます。 デバイスのリダイレクト、表示設定、セッションの動作などの、さまざまな RDP プロパティを設定できます。

Note

リモート デスクトップ サービスを使用するときにサポートされる RDP プロパティは Azure Virtual Desktop とは異なります。 各設定と、リモート デスクトップ サービス、Azure Virtual Desktop、またはその両方に接続するときにそれが適用されるかどうかについては、次の表を参考にしてください。

接続情報

表示名 RDP プロパティ Azure Virtual Desktop リモート デスクトップ サービス 説明 既定値
Azure AD 認証 enablerdsaadauth:i:value Azure AD が使用可能な場合に、クライアントでそれをリモート PC に対する認証に使用するかどうかを決定します。

注: 現在、Windows および Web クライアントでのみプレビューで使用できます。 プロパティ targetisaadjoined はこれに置き換えられます。
- 0: リモート PC が Azure AD 認証をサポートしている場合でも、RDP では使用しません。
- 1: リモート PC が Azure AD 認証をサポートしている場合、RDP で使用されます。
0
Azure AD 認証 targetisaadjoined:i:value ユーザー名とパスワードを使用して、Azure AD 参加済みセッション ホストへの接続を許可します。

注: Azure AD に参加していない Windows 以外のクライアントやローカル Windows デバイスにのみ適用されます。
- 0: Azure AD 参加済みセッション ホストへの接続は、要件を満たしている Windows デバイスでは成功しますが、他の接続は失敗します。
- 1: Azure AD 参加済みホストへの接続は成功しますが、セッション ホストに接続するときにユーザー名とパスワードの資格情報を入力するように制限されます。
0
資格情報セキュリティ サポート プロバイダー enablecredsspsupport:i:value Credential Security Support Provider (CredSSP) が使用可能な場合に、クライアントでそれを認証に使用するかどうかを決定します。 - 0: オペレーティング システムが CredSSP をサポートしている場合でも、RDP では CredSSP が使用されません。
- 1: オペレーティング システムが CredSSP をサポートしている場合、RDP では CredSSP が使用されます。
1
最小 (代替シェル) alternate shell:s:value リモート セッションでエクスプローラーではなくシェルとして自動的に起動するプログラムを指定します。 実行可能ファイルへの有効なパス (C:\ProgramFiles\Office\word.exe など)。 なし
KDC プロキシ名 kdcproxyname:s:value KDC プロキシの完全修飾ドメイン名を指定します。 KDC プロキシ サーバーへの有効なパス (kdc.contoso.com など)。 なし
Address full address:s:value この設定は、接続するリモート コンピューターのホスト名または IP アドレスを指定します。

これは、RDP ファイルで唯一必須の設定です。
有効な名前、IPv4 アドレス、または IPv6 アドレス。 なし
代替アドレス alternate full address:s:value リモート コンピューターの代替名または IP アドレスを指定します。 有効な名前、IPv4 アドレス、または IPv6 アドレス。 なし
ユーザー名 username:s:value リモート コンピューターへのサインインに使用されるユーザー アカウントの名前を指定します。 任意の有効なユーザー名。 なし
Domain domain:s:value リモート コンピューターへのサインインに使用するユーザー アカウントが存在するドメインの名前を指定します。 有効なドメイン名 (CONTOSO など)。 なし
RD ゲートウェイのホスト名 gatewayhostname:s:value RD ゲートウェイのホスト名を指定します。 有効な名前、IPv4 アドレス、または IPv6 アドレス。 なし
RD ゲートウェイの認証 gatewaycredentialssource:i:value RD ゲートウェイの認証方法を指定します。 - 0: パスワードを要求するします (NTLM)。
- 1: スマート カードを使用します。
- 2: 現在のサインイン ユーザーの資格情報を使用します。
- 3: ユーザーに資格情報の入力を求めるプロンプトを表示し、基本認証を使用します。
- 4: 後でユーザーが選択できるようにします。
- 5: Cookie ベースの認証を使用します。
0
RD ゲートウェイのプロファイル gatewayprofileusagemethod:i:value 既定の RD ゲートウェイ設定を使用するかどうかを指定します。 - 0: 管理者によって指定された既定のプロファイル モードを使用します。
- 1: ユーザーによって指定された明示的設定を使用します。
0
RD ゲートウェイの使用 gatewayusagemethod:i:value どのような場合に接続に RD ゲートウェイを使用するかを指定します。 - 0: RD ゲートウェイを使用しません。
- 1: 常に RD ゲートウェイを使用します。
- 2: RD セッション ホストへの直接接続を確立できない場合、RD ゲートウェイを使用します。
- 3: 既定の RD ゲートウェイ設定を使用します。
- 4: RD ゲートウェイを使用せず、ローカル アドレスのゲートウェイをバイパスします。
このプロパティ値を 0 または 4 に設定することは実質的に同等ですが、このプロパティを 4 に設定すると、ローカル アドレスをバイパスするオプションが有効になります。
0
資格情報の保存 promptcredentialonce:i:value ユーザーの資格情報を保存して、RD ゲートウェイとリモート コンピューターの両方に使用するかどうかを決定します。 - 0: リモート セッションでは同じ資格情報を使用しません。
- 1: リモート セッションでは同じ資格情報を使用します。
1
サーバー認証 authentication level:i:value サーバー認証レベルの設定を決定します。 - 0: サーバー認証が失敗した場合に、警告なしでコンピューターに接続します。
- 1: サーバー認証が失敗した場合に、接続を確立しません。
- 2: サーバー認証が失敗した場合に、警告を表示して、接続するか接続を拒否するかを選択します。
- 3:認証要件が指定されていません。
3
接続共有 disableconnectionsharing:i:value 新しい接続が起動されたときに、クライアントを既存の切断されたセッションに再接続するか、または新しい接続を開始するかを決定します。 - 0: 既存のセッションに再接続します。
- 1: 新しい接続を開始します。
0

セッションの動作

表示名 RDP プロパティ Azure Virtual Desktop リモート デスクトップ サービス 説明 既定値
再接続 autoreconnection enabled:i:value ネットワーク接続の中断などがあって接続が削除された場合に、クライアントが自動的にリモート コンピューターへの再接続を試行するかどうかを決定します。 - 0: クライアントで自動的に再接続を試行しません。
- 1: クライアントで自動的に再接続を試行します。
1
帯域幅の自動検出 bandwidthautodetect:i:value ネットワーク帯域幅の自動検出を使用するかどうかを決定します。 bandwidthautodetect を 1 に設定する必要があります。 - 0: ネットワークの種類の自動検出を無効にします。
- 1: ネットワークの種類の自動検出を有効にします。
1
ネットワークの自動検出 networkautodetect:i:value ネットワークの種類の自動検出を有効にするかどうかを決定します。 - 0: 自動ネットワーク帯域幅検出を使わない。
- 1:ネットワーク帯域幅の自動検出を使う。
1
圧縮 compression:i:value RDP からローカル コンピューターに送信されるときに一括圧縮を有効にするかどうかを決定します。 - 0: RDP 一括圧縮を無効にします。
- 1: RDP 一括圧縮を有効にします。
1
ビデオ再生 videoplaybackmode:i:value 接続で、RDP 有効マルチメディア ストリーミングを動画の再生に使用するかどうかを決定します。 - 0: ビデオの再生に RDP 有効マルチメディア ストリーミングを使用しません。
- 1: 可能な場合は、ビデオの再生に RDP 有効マルチメディア ストリーミングを使用します。
1

デバイス リダイレクト

重要

リダイレクトは、リモート コンピューターと双方向に適用されるバイナリ設定でのみ有効にできます。 現在、このサービスでは、接続の片側からの一方向のリダイレクトのブロックはサポートされていません。

表示名 RDP プロパティ Azure Virtual Desktop リモート デスクトップ サービス 説明 既定値
マイクのリダイレクト audiocapturemode:i:value オーディオ入力のリダイレクトが有効かどうかを示します。 - 0: ローカル デバイスからのオーディオ キャプチャを無効にします。
- 1: ローカル デバイスからのオーディオのキャプチャと、リモート セッション内のオーディオ アプリケーションへのリダイレクトを有効にします。
0
ビデオ エンコードのリダイレクト encode redirected video capture:i:value リダイレクトされた動画のエンコードを有効または無効にします。 - 0: リダイレクトされたビデオのエンコードを無効にします。
- 1: リダイレクトされたビデオのエンコードを有効にします。
1
エンコードされたビデオの品質 redirected video capture encoding quality:i:value エンコードされた動画の品質を制御します。 - 0:高圧縮動画。 動きが多い場合、品質が低下する可能性があります。
- 1:中程度の圧縮。
- 2:画像品質が高い低圧縮動画。
0
オーディオ出力の場所 audiomode:i:value ローカルまたはリモートのコンピューターでオーディオを再生するかどうかを決定します。 - 0: ローカル コンピューターでサウンドを再生します。
- 1: リモート コンピューターでサウンドを再生します。
- 2: サウンドを再生しません。
0
カメラのリダイレクト camerastoredirect:s:value リダイレクトするカメラを構成します。 この設定では、リダイレクトが有効なカメラの KSCATEGORY_VIDEO_CAMERA インターフェイスをセミコロンで区切った一覧を使用します。 - *: すべてのカメラをリダイレクトします。
- カメラの一覧 (\\?\usb#vid_0bda&pid_58b0&mi など)。
- 特定のカメラを除外するには、シンボリック リンク文字列の前に "-" を付加します。
どのカメラもリダイレクトされません。
メディア転送プロトコル (MTP) と画像転送プロトコル (PTP) devicestoredirect:s:value ローカル コンピューター上のどのデバイスがリダイレクトされて、リモート セッションで使用可能になるかを決定します。 - *: 後で接続されるものを含め、すべてのサポートされているデバイスをリダイレクトする。
- 1 つまたは複数のデバイスの有効なハードウェア ID。
- DynamicDevices: 後で接続されるすべてのサポートされるデバイスをリダイレクトする。
どのデバイスもリダイレクトされません。
ドライブとストレージのリダイレクト drivestoredirect:s:value ローカル コンピューター上のどのディスク ドライブがリダイレクトされて、リモート セッションで使用可能になるかを決定します。 - 値の指定なし: どのドライブもリダイレクトされません。
- *:後で接続されるドライブも含めて、すべてのディスク ドライブをリダイレクトします。
- DynamicDrives: 後で接続されるすべてのドライブをリダイレクトします。
- ドライブと 1 つ以上のドライブのラベル (drivestoredirect:s:C\:;E\:; など)。指定されたドライブをリダイレクトします。
どのドライブもリダイレクトされません。
Windows キーの組み合わせ keyboardhook:i:value デスクトップ接続と RemoteApp 接続のリモート セッションで Windows キーの組み合わせ (WindowsAlt+Tab) がいつ適用されるかを決定します。 - 0: Windows キーの組み合わせは、ローカル コンピューターに適用されます。
- 1: (デスクトップのみ) Windows キーの組み合わせは、フォーカスがあるときにリモート コンピューターに適用されます。
- 2: (デスクトップのみ) Windows キーの組み合わせは、全画面表示のときにのみリモート コンピューターに適用されます。
- 3: (RemoteApp のみ) Windows キーの組み合わせは、フォーカスがあるときに RemoteApp に適用されます。 この値は、リモート デスクトップ接続アプリ (mstsc.exe) を Azure Virtual Desktop 上のホスト プールから発行する場合にのみ使用することをお勧めします。 この値は、Windows クライアントを使う場合にのみサポートされます。
2
クリップボードのリダイレクト redirectclipboard:i:value クリップボードのリダイレクトを有効にするかどうかを決定します。 - 0: ローカル コンピューターのクリップボードをリモート セッションで使用可能にしません。
- 1: ローカル コンピューターのクリップボードをリモート セッションで使用可能にします。
1
COM ポートのリダイレクト redirectcomports:i:value ローカル コンピューターの COM (シリアル) ポートがリダイレクトされて、リモート セッションで使用可能になるかどうかを決定します。 - 0: ローカル コンピューターの COM ポートをリモート セッションで使用可能にしません。
- 1: ローカル コンピューターの COM ポートをリモート セッションで使用可能にします。
0
位置情報サービスのリダイレクト redirectlocation:i:value ローカル デバイスの場所がリダイレクトされて、リモート セッションで使用可能になるかどうかを決定します。 - 0: リモート セッションは、リモート コンピューターまたは仮想マシンの場所を使用します。
- 1: リモート セッションはローカル デバイスの場所を使用します。
0
プリンターのリダイレクト redirectprinters:i:value ローカル コンピューターに構成されたプリンターがリダイレクトされて、リモート セッションで使用可能になるかどうかを決定します。 - 0: ローカル コンピューター上のプリンターをリモート セッションで使用可能にしません。
- 1: ローカル コンピューター上のプリンターをリモート セッションで使用可能にします。
1
スマート カードのリダイレクト redirectsmartcards:i:value ローカル コンピューターのスマート カード デバイスがリダイレクトされて、リモート セッションで使用可能になるかどうかを決定します。 - 0: ローカル コンピューター上のスマート カード デバイスをリモート セッションで使用可能にしません。
- 1: ローカル コンピューター上のスマート カード デバイスをリモート セッションで使用可能にします。
1
WebAuthn のリダイレクト redirectwebauthn:i:value リモート コンピューター上の WebAuthn 要求をローカル コンピューターにリダイレクトしてローカル認証システムの使用を許可するかどうかを決定します (Windows Hello for Business、セキュリティ キーなど)。 - 0: リモート セッションからの WebAuthn 要求は、認証用にローカル コンピューターに送信されないため、リモート セッションで完了する必要があります。
- 1: リモート セッションからの WebAuthn 要求は、認証用にローカル コンピューターに送信されます。
1
USB デバイスのリダイレクト usbdevicestoredirect:s:value RemoteFX USB リダイレクトをサポートするリモート セッションに接続するときに、クライアント コンピューターでサポートされている RemoteFX USB デバイスのうち、どれをリダイレクトしてリモート セッションで使用できるようにするかを決定します。 - *: 別の高レベルのリダイレクトによってまだリダイレクトされていないすべての USB デバイスをリダイレクトする。
- {デバイス セットアップ クラス GUID}: 指定されたデバイス セットアップ クラスのメンバーであるすべてのデバイスをリダイレクトします。
- USBInstanceID: インスタンス ID で識別される特定の USB デバイスをリダイレクトする。
どの USB デバイスもリダイレクトされません。

ディスプレイの設定

表示名 RDP プロパティ Azure Virtual Desktop リモート デスクトップ サービス 説明 既定値
マルチ ディスプレイ use multimon:i:value リモート セッションでローカル コンピューターからの 1 つまたは複数の表示を使用するかどうかを決定します。 - 0: マルチ ディスプレイ サポートを有効にしません。
- 1: マルチ ディスプレイ サポートを有効にします。
0
選択したモニター selectedmonitors:s:value リモート セッションから使用するローカル ディスプレイを指定します。 選択したディスプレイは隣接している必要があります。 use multimon1 に設定する必要があります。

Windows Inbox (MSTSC) および Windows Desktop (MSRDC) クライアントでのみ使用できます。
マシン固有のディスプレイ ID のコンマ区切りのリスト。 mstsc.exe /l を呼び出して ID を取得できます。 リストされている最初の ID は、セッションのプライマリ ディスプレイとして設定されます。 すべてのディスプレイ。
Maximize to current displays (現在のディスプレイに合わせて最大化) maximizetocurrentdisplays:i:value 最大化したときに、リモート セッションが全画面表示になるディスプレイを決定します。 use multimon1 に設定する必要があります。

Windows Desktop (MSRDC) クライアントでのみ使用できます。
- 0: 最大化時に、最初に選択されていたディスプレイでセッションを全画面表示にします。
- 1: 最大化時に、セッション ウィンドウが表示されているディスプレイで動的にセッションを全画面表示にします。
0
マルチからシングルへのディスプレイ スイッチ singlemoninwindowedmode:i:value 全画面表示を終了するときに、マルチ ディスプレイ リモート セッションを自動的にシングル ディスプレイに切り替えるかどうかを指定します。 use multimon1 に設定する必要があります。

Windows Desktop (MSRDC) クライアントでのみ使用できます。
- 0: 全画面表示を終了したときにセッションですべてのディスプレイを保持します。
- 1: 全画面表示を終了したときにセッションをシングル ディスプレイに切り替えます。
0
画面モード screen mode id:i:value 接続を起動したときに、リモート セッション ウィンドウが全画面表示されるかどうかを指定します。 - 1: リモート セッションをウィンドウに表示します。
- 2: リモート セッションを全画面表示にします。
2
スマート サイズ変更 smart sizing:i:value ローカル コンピューターがウィンドウのサイズに合わせてリモート セッションのコンテンツを拡大縮小するかどうかを決定します。 - 0: サイズ変更時に、ローカル ウィンドウのコンテンツを拡大縮小しません。
- 1: サイズ変更時に、ローカル ウィンドウのコンテンツを拡大縮小します。
0
動的な解像度 dynamic resolution:i:value ローカル ウィンドウのサイズを変更したときに、リモート セッションの解像度を自動的に更新するかどうかを決定します。 - 0: セッションの解像度は、セッション中も静的な状態を維持します。
- 1: ローカル ウィンドウのサイズ変更時にセッションの解像度を更新します。
1
デスクトップのサイズ desktop size id:i:value 定義済みオプション セットからリモート セッション デスクトップのサイズを指定します。 desktopheightdesktopwidth が指定されている場合、この設定はオーバーライドされます。 - 0: 640×480
- 1:800 x 600
- 2:1024 × 768
- 3:1280 × 1024
- 4:1600 × 1200
ローカル コンピューターと一致します。
デスクトップの高さ desktopheight:i:value リモート セッションの解像度の高さ (ピクセル単位) を指定します。 200 から 8192 の数値。 ローカル コンピューターと一致します。
デスクトップの幅 desktopwidth:i:value リモート セッションの解像度の幅 (ピクセル単位) を指定します。 200 から 8192 の数値。 ローカル コンピューターと一致します。
デスクトップの倍率 desktopscalefactor:i:value コンテンツをより大きく表示するためのリモート セッションのスケール ファクターを指定します。 次の一覧の数値:
- 100
- 125
- 150
- 175
- 200
- 250
- 300
- 400
- 500。
ローカル コンピューターと一致します。

RemoteApp

表示名 RDP プロパティ Azure Virtual Desktop リモート デスクトップ サービス 説明 既定値
コマンド ライン パラメーター remoteapplicationcmdline:s:value RemoteApp の省略可能なコマンド ライン パラメーター。 有効なコマンド ライン パラメーター。 該当なし
コマンドライン変数 remoteapplicationexpandcmdline:i:value RemoteApp コマンド ライン パラメーターに含まれている環境変数をローカルで展開するか、またはリモートで展開するかを決定します。 - 0:環境変数は、ローカル コンピューターの値に展開される。
- 1:環境変数は、リモート コンピューターの値に展開される。
1
作業ディレクトリ変数 remoteapplicationexpandworkingdir:i:value RemoteApp の作業ディレクトリ パラメーターに含まれている環境変数をローカルに展開するか、またはリモートに展開するかを決定します。 - 0:環境変数は、ローカル コンピューターの値に展開される。
- 1:環境変数は、リモート コンピューターの値に展開される。
RemoteApp の作業ディレクトリは、シェルの作業ディレクトリ パラメーターを使用して指定されます。
1
ファイルを開く remoteapplicationfile:s:value RemoteApp によってリモート コンピューターで開かれるファイルを指定します。
ローカル ファイルを開くには、ソース ドライブのドライブ リダイレクトも有効にする必要があります。
有効なファイル パス。 該当なし
アイコン ファイルです。 remoteapplicationicon:s:value RemoteApp を起動しているときにクライアント UI に表示されるアイコン ファイルを指定します。 ファイル名が指定されていない場合、クライアントでは、標準のリモート デスクトップ アイコンが使用されます。 サポートされているのは .ico ファイルだけです。 有効なファイル パス。 該当なし
アプリケーション モード remoteapplicationmode:i:value 接続が RemoteApp セッションとして起動されるかどうかを決定します。 - 0: RemoteApp セッションを起動しません。
- 1: RemoteApp セッションを起動します。
1
アプリケーション表示名 remoteapplicationname:s:value RemoteApp を開始しているときにクライアント インターフェースで RemoteApp の名前を指定します。 アプリの表示名。 たとえば、Excel 2016 該当なし
別名または実行可能ファイル名。 remoteapplicationprogram:s:value RemoteApp のエイリアスまたは実行可能ファイルの名前を指定します。 有効なエイリアスまたは名前。 たとえば、EXCEL 該当なし