Windows Server で HYPER-V の役割をインストールします。

適用対象: Windows Server 2022、Windows Server 2016、Windows Server 2019

仮想マシンを作成して実行するには、サーバー マネージャーを使用するか、Windows PowerShell で Install-WindowsFeature コマンドレットを使用して、Windows Server に Hyper-V の役割をインストールします。 Windows 10 を参照してください。 インストールにインストールされた Hyper-v Windows 10します。

Hyper-V の詳細については、「Hyper-V テクノロジの概要」を参照してください。 Windows Server 2019 を試すには、評価版をダウンロードしてインストールします。 Evaluation Center を参照してください。

Windows Serve rをインストールする前、または Hyper-V の役割を追加する前に、次のことを確認してください。

  • コンピューター ハードウェアに互換性があること。 詳細については、「Windows Server のハードウェア要件」と「Windows Server にインストールされた Hyper-V のシステム要件」を参照してください。
  • Hyper-V に必要なのと同じプロセッサ機能に依存するサードパーティの仮想化アプリを使用する予定がないこと。 たとえば、VMWare Workstation や VirtualBox などです。 Hyper-V は、これらの他のアプリをアンインストールしなくてもインストールできます。 ただし、Hyper-V ハイパーバイザーの実行中にそれらを使用して仮想マシンを管理しようとすると、仮想マシンが起動しなかったり、実行できなかったりする可能性があります。 これらのアプリのいずれかを使用する必要がある場合に Hyper-V ハイパーバイザーをオフにするための詳細と手順については、「仮想化アプリケーションが Hyper-V、Device Guard、Credential Guard と連携して動作しない」を参照してください。

Hyper-V マネージャーなどの管理ツールのみをインストールする場合は、「Hyper-V マネージャーを使用した Hyper-V ホストのリモート管理」を参照してください。

サーバー マネージャーを使用して Hyper-V をインストールする

  1. サーバー マネージャーで、[管理] メニューの [役割と機能の追加] をクリックします。

  2. [開始する前に] ページで、インストールする役割と機能のために、対象サーバーとネットワーク環境の準備が整っていることを確認してください。 [次へ] をクリックします。

  3. [インストールの種類の選択] ページで [役割ベースまたは機能ベースのインストール] を選択し、[次へ] をクリックします。

  4. [対象サーバーの選択] ページで、サーバー プールからサーバーを選択し、[次へ] をクリックします。

  5. [サーバーの役割の選択] ページで [Hyper-V] を選択します。

  6. 仮想マシンの作成と管理に使うツールを追加するには、[機能の追加] をクリックします。 [機能] ページで、[次へ] をクリックします。

  7. [仮想スイッチの作成] ページ、[仮想マシンの移行] ページ、および [既定の保存場所] ページで、適切なオプションを選択します。

  8. [インストール オプションの確認] ページで、[必要に応じて対象サーバーを自動的に再起動する] をオンにし、[インストール] をクリックします。

  9. インストールが完了したら、HYPER-V が正しくインストールされていることを確認します。 開いている、 のすべてのサーバー ] ページでサーバー マネージャーと HYPER-V がインストールされているサーバーを選択します。 チェック、 役割と機能の タイルを選択したサーバーのページです。

Install-WindowsFeature コマンドレットを使用して Hyper-V をインストールする

  1. Windows デスクトップで [スタート] ボタンをクリックし、名前の一部を入力 Windows PowerShellします。

  2. Windows PowerShell を右クリックして 管理者として実行します。

  3. リモートで接続しているサーバーに Hyper-V をインストールするには、次のコマンドを実行し、<computer_name> をサーバーの名前に置き換えます。

    Install-WindowsFeature -Name Hyper-V -ComputerName <computer_name> -IncludeManagementTools -Restart
    

    サーバーにローカルに接続している場合は、なしのコマンドを実行 -ComputerName <computer_name>します。

  4. サーバーが再起動した後、次のコマンドを実行すると、Hyper-V の役割がインストールされていること、および他にどのような役割と機能がインストールされているかを確認できます。

    Get-WindowsFeature -ComputerName <computer_name>
    

    サーバーにローカルに接続している場合は、なしのコマンドを実行 -ComputerName <computer_name>します。

注意

Windows Server 2016 の Server Core インストール オプションを実行しているサーバーにこの役割をインストールし、パラメーター -IncludeManagementTools を使用すると、Windows PowerShell 用 Hyper-V モジュールのみがインストールされます。 Server Core インストールで実行される HYPER-V ホストをリモートで管理する別のコンピューターで、HYPER-V マネージャーの GUI 管理ツールを使用することができます。 リモート接続の手順については、「Hyper-V マネージャーを使用した Hyper-V ホストのリモート管理」を参照してください。

その他の参照情報