Android のビルド パフォーマンスを高速化するために Windows Defender の例外を追加する

このガイドでは、Windows マシンを使用して Android アプリを開発するときのビルド時間を改善するために、Windows Defender のセキュリティ設定で除外を設定する方法について説明します。

Windows Defender の概要

Windows 10 バージョン 1703 以降では、Windows Defender ウイルス対策アプリが Windows セキュリティの一部になっています。 Windows Defender は、組み込みのリアルタイム保護により、ウイルス、ランサムウェア、スパイウェアなどのセキュリティの脅威から PC を安全な状態に維持することを目的としています。

ただし、Windows Defender のリアルタイム保護によって、Android アプリを開発するときのファイル システム アクセスやビルドの速度も大幅に低下します。

Android のビルド プロセス中には、多数のファイルがコンピューター上に作成されます。 ウイルス対策のリアルタイム スキャンが有効になっていると、新しいファイルが作成されるたびに、そのファイルがウイルス対策によってスキャンされている間ビルド プロセスは停止します。

幸いにも、Windows Defender には、安全であることがわかっているファイル、プロジェクト ディレクトリ、またはファイルの種類をウイルス対策スキャン プロセスから除外する機能があります。

警告

コンピューターが悪意のあるソフトウェアから安全であることを保証するために、リアルタイム スキャンまたは Windows Defender ウイルス対策ソフトウェアを完全に無効にするべきではありません。 除外を定義すると、Defender によって提供される保護が低下します。 常に、除外の実装に関連したリスクを評価し、悪意がないことを確信できるファイルのみを除外する必要があります。

Windows Defender に除外を追加する方法

Windows Defender セキュリティ センターで除外を追加するには:

  1. Windows メニューの [スタート] ボタンを選択します。
  2. Windows セキュリティ」と入力します。
  3. [ウイルスと脅威の防止] を選択します。
  4. [ウイルス&脅威保護の設定] で [設定の管理] を選択します
  5. [除外] 見出しまでスクロールして [除外の追加または削除] を選択します。
  6. [+ 除外の追加] を選択します。 次に、追加する除外が [ファイル][フォルダー][ファイルの種類][プロセス] のいずれであるかを選択する必要があります。

Windows Defender Add Exclusion screenshot

Android 開発で考慮すべき除外

次の一覧は、Windows Defender のリアルタイム スキャンからの除外として追加できる各 Android Studio ディレクトリの既定の場所を示しています。

  • Gradle キャッシュ: %USERPROFILE%\.gradle
  • Android Studio プロジェクト: %USERPROFILE%\AndroidStudioProjects
  • Android SDK: %USERPROFILE%\AppData\Local\Android\SDK
  • Android Studio システム ファイル: %USERPROFILE%\.AndroidStudio<version>\system

Android Studio によって設定された既定の場所をまだ使用していない場合、または (たとえば) GitHub からプロジェクトをダウンロードした場合は、これらのディレクトリの場所がプロジェクトに適用されない可能性があります。 現在の Android 開発プロジェクトのディレクトリがどこに配置されているかにかかわらず、そのディレクトリに除外を追加することを検討してください。

検討することが推奨されるその他の除外には、次のものがあります。

  • Visual Studio 開発環境プロセス: devenv.exe
  • Visual Studio ビルド プロセス: msbuild.exe
  • JetBrains ディレクトリ: %LOCALAPPDATA%\JetBrains\<Transient directory (folder)>

ウイルス対策スキャンの除外を追加する方法 (グループ ポリシーによって制御される環境のディレクトリの場所をカスタマイズする方法を含む) の詳細については、Android Studio のドキュメントのウイルス対策による影響のセクションを参照してください。

除外を追加すると、Defender によって提供される保護が低下することに注意してください。 常に、除外の実装に関連したリスクを評価し、悪意がないことを確信できるファイルのみを除外する必要があります。

注意

Daniel Knoodle は、Visual Studio 2017 での Windows Defender の除外を追加するための推奨されるスクリプトを含む GitHub リポジトリを設定しています。

その他のリソース