パートナー センターの開発者アカウント

Microsoft Store でアプリを発行するには、 パートナー センターで Windows アプリ開発者として登録する必要があります。 既存の Microsoft アカウントに登録するか、新しい Microsoft アカウントを作成します。

注意

開発者アカウントにサインアップすると、連絡先情報に指定したメール アドレスを使って、アカウントに関連するメッセージが送られます。 これらには、プログラムに関する情報が含まれている場合があります。 これらの情報メールを オプトアウト する場合は、トランザクション メッセージが引き続き送信されます (たとえば、支払いが進行中であることをお知らせするため)。 これらのトランザクショナル メールはアカウントにとって必要な部分であり、アカウントを削除しない限り、引き続き送信されます。

会社のアカウントのための追加ガイドライン

重要

複数のユーザーが開発者アカウントにアクセスできるようにするには、Azure Active Directory (Azure AD) を使用して、Microsoft アカウントへのアクセスを共有するのではなく、個々のユーザーにロールを割り当てることをお勧めします。 そうすると、各ユーザーは、各自の Azure AD 資格情報を使用してパートナー センターにサインインして、開発者アカウントにアクセスできます。 詳しくは、「アカウント ユーザーの管理」をご覧ください。

(アカウントに個々のユーザーを追加するのではなく) 会社のアカウントを開いた Microsoft アカウントを使用してサインインして、複数のユーザーが会社のアカウントにアクセスできるようにする場合は、次のガイドラインを参照してください。

  • 電子メールの所有権により、プライマリ連絡先 (プライマリ電子メール) アドレスが有効であることが確認されます。 プライマリ連絡先の電子メール アドレスは、監視されていて、電子メールを送受信できる、職場アカウントである必要があります。 パートナーは、(1) 会社のドメインに関連付けられていない個人のメール アドレス、または (2) メール (jsmith@testcompany.onmicrosoft.com など) に関連付けられていないテナント ユーザーのサインインを使用しないでください
  • この Microsoft アカウントへのアクセスを、できるだけ少ないユーザー数に制限します。
  • 開発者アカウントにアクセスする必要があるすべてのユーザーを含む、会社のメール配布リストを設定します。 このメール アドレスを Microsoft アカウントに関連付けられているセキュリティ情報に追加します。 この方法では、一覧にあるすべての従業員が、このエイリアスに送信されるセキュリティ コードを受け取ることができます。 配布リストを設定できない場合は、個人のメール アドレスをセキュリティ情報に追加できます。 ただし、求められたとき (新しいセキュリティ情報がアカウントに追加されたときや、アカウントが新しいデバイスからアクセスされたときなど) にセキュリティ コードにアクセスして共有できるのは、そのメール アドレスの所有者だけです。
  • 会社の電話番号を Microsoft アカウントのセキュリティ情報に追加します。 内線番号を必要としない、主要なチーム メンバーがアクセスできる番号を使用してください。
  • 開発者は、信頼できるデバイスを使用して会社の開発者アカウントにサインインすることをお勧めします。 主要チーム メンバーの全員が、これらの信頼済みデバイスにアクセスできるようにする必要があります。 このように準備すると、チーム メンバーがアカウントにアクセスしたときにセキュリティ コードを送信する必要性が軽減されます。 1 アカウントで 1 週間のうちに生成できるコードの数には制限があります。
  • 信頼されていない PC からアカウントにアクセスできるようにする必要がある場合は、アクセス権を付与する開発者を最大 5 人に制限してください。 これらの開発者はなるべく、地理的位置やネットワーク上の場所が同じであるマシンからアカウントにアクセスするようにしてください。
  • https://account.microsoft.com/security で、会社のセキュリティ情報がすべて最新であることを頻繁に確認するようにしてください。

Microsoft アカウントのセキュリティ

Microsoft では、ユーザーが提供するセキュリティ情報を使い、Microsoft アカウントを複数の形式の ID に関連付けることでセキュリティ レベルを上げています。 こうすることで、Microsoft アカウント (と開発者アカウント) への不正なアクセスが格段に難しくなります。 また、お客様がパスワードを忘れた場合や、第三者がお客様のアカウントにアクセスしようとした場合、Microsoft ではお客様のアカウントの所有権の確認や適切なコントロールを再設定するために連絡することができます。

Microsoft アカウントには、少なくとも 2 つのメール アドレスまたは電話番号を設定する必要があります。 できるだけ多く追加することをお勧めします。 一部のセキュリティ情報は、有効になる前に確認が必要であることに注意してください。 また、セキュリティ情報を頻繁に確認し、最新の状態であることを確認してください。 セキュリティ情報を管理するには、https://account.microsoft.com/security に移動し、自分の Microsoft アカウントでサインインします。 詳細については、「Microsoft アカウントのセキュリティ情報と確認コード」を参照してください。

Microsoft アカウントを使用してパートナー センターにサインインすると、システムからセキュリティ コードが送信され、本人確認を求められる場合があります。サインイン プロセスを完了するには、このコードを入力する必要があります。 よく使う PC を "信頼済みデバイス"として指定することをお勧めします。 信頼済みデバイスからサインインする場合、通常はコードの入力を求められませんが、特別な状況や、長期間そのデバイスからサインインしなかった場合は、コードの入力を求められることがあります。 詳細については、「信頼済みデバイスを Microsoft アカウントに追加する」を参照してください。