アプリの認定プロセス

アプリの申請の作成が完了し、[Microsoft Store に提出] をクリックすると、申請が認定手順に入ります。 このプロセスは通常、数時間以内に完了しますが、場合によっては最大で 3 営業日かかることがあります。 申請が認定に合格した後、ユーザーが新しい申請 (またはパッケージに変更が加えられる更新プログラムの申請) のアプリの登録情報を確認できるようになるまで、最大で 24 時間かかる可能性があります。 Store 登録情報の詳細のみに変更を加える更新プログラムの場合、公開プロセスは 1 時間以内に完了します。 申請したアプリが公開された時点で通知され、ダッシュボードのアプリの状態が [ストア内] になります。

前処理

アプリのパッケージを正常にアップロードし、認定のためにアプリを提出すると、パッケージはテストを受けるためのキューに登録されます。 前処理中にエラーを検出した場合は、メッセージを表示します。 可能性のあるエラーについて詳しくは、「申請エラーの解決」をご覧ください。

認定資格

このフェーズでは、いくつかのテストが行われます。

  • セキュリティ テスト: 最初のテストでは、アプリのパッケージがチェックされ、ウイルスやマルウェアに感染していないか確認が行われます。 このテストで不合格になった場合は、最新のウイルス対策ソフトウェアを実行して開発システムをチェックしてから、クリーンなシステム上でアプリのパッケージをリビルドする必要があります。
  • 技術的な適合性のテスト: 技術的な適合性のテストは、Windows アプリ認定キットを使って行われます (開発者は、ストアに提出する前に必ず Windows アプリ認定キットでアプリのテストを実施する必要があります)。
  • コンテンツの適合性: このテストにかかる時間は、アプリの複雑さ、視覚的なコンテンツの量、同時期に提出されたアプリの数などによって異なります。 認定を求めるにあたって伝えておく必要のある情報があれば、[Notes for certification] (認定を求めるにあたってのコメント) ページに記入してください。

認定プロセスが完了した後、アプリが認定に合格したかどうかを示す認定レポートをお届けします。 アプリが認定されなかった場合、レポートには、どのテストに不合格になり、どのポリシーを満たしていなかったかが示されます。 問題の修正後、アプリの新しい申請を作成して、認定プロセスを再び始めることができます。

リリース

認定に合格したアプリは、公開プロセスに進むことができます。

  • できる限り早く申請が公開されるように指定していた場合 (既定のオプション)、公開プロセスはすぐに始まります。
  • そのアプリを公開したのが初めてであり、かつ [スケジュール] セクションで [リリース日] を指定した場合、選択した [リリース日] に基づいてアプリを利用できるようになります。
  • [公開の保留オプション] を使用して、特定の日付までリリースされないように指定していた場合は、[リリース日の変更] を選択しない限り、その日付まで待ってから公開プロセスが始まります。
  • [公開の保留オプション] を使用して、申請を手動で公開するよう指定していた場合は、[今すぐ公開] を選択 (または [リリース日の変更] を選択して特定の日付を選択) するまで、公開プロセスは始まりません。

発行

リリース後の改ざん防止のために、アプリのパッケージにはデジタル署名が施されます。 このフェーズが始まると、申請をキャンセルしたり、リリース日を変更したりすることはできません。

新しいアプリや、アプリのパッケージに対する変更が含まれる更新プログラムの場合、公開プロセスは 24 時間以内に完了します。 Store 登録情報の詳細などのオプションのみに変更を加えるものの、アプリのパッケージを変更しない更新プログラムの場合、公開プロセスは 1 時間もかかりません。

アプリが公開フェーズにある間は、アプリの申請の [状態] 列で [詳細の表示] リンクを使用して、新しいパッケージと Store 登録情報の詳細が、サポートされている各 OS バージョンのユーザーに対して、いつ公開されるかを確認できます。 まだ完了していない手順は "保留中" と表示されます。 プロセスが完了するまで、つまりアプリの潜在的なすべてのユーザーが新しいパッケージと登録情報の詳細を利用できるようになるまで、アプリは公開フェーズのままです。

Microsoft Store 内

上記の手順が正常に完了すると、申請の状態が [公開中] から [Microsoft Store 内] に変わります。 その後、申請したアプリは Microsoft Store でユーザーがダウンロードできるようになります (他の見つけやすさオプションを選んでいる場合は除きます)。

注意

アプリの公開後にもスポット チェックが実施され、発生する可能性のある問題の検出や、アプリが Microsoft Store ポリシーのすべてに準拠しているかどうかの確認が行われます。 アプリに問題が見つかった場合は、問題とその修正方法が通知されます。または、ストアからのアプリの削除が妥当な場合は、削除されたことが通知されます。

アプリの申請の作成が完了し、Microsoft Store に提出すると、申請が認定手順に入ります。 通常、このプロセスには 24 時間かかりますが、場合によっては最大で 3 営業日かかることがあります。 申請が認定に合格してから、アプリの登録がお客様に表示されるまでに最長 24 時間かかります。

アプリ パッケージは、申請者が指定したパッケージ URL からダウンロードされます。 認定の注意書きに記載した指示がある場合は、遵守されます。 前処理中にエラーを検出した場合は、メッセージを表示します。 このフェーズでは、アプリの申請を検証するためにいくつかのテストが行われます。 申請がこれらのテストのいずれかに失敗した場合は、通知されます。

申請したアプリが公開された時点で通知され、ダッシュボードのアプリの状態が [ストア内] になります。

公開する前に、セキュリティ テストとコンテンツ コンプライアンスという 2 つのカテゴリのテストがアプリに適用されます。

セキュリティ テスト

アプリの申請は一連のチェックの対象になります。

パッケージ URL

セキュリティで保護された (HTTPS) パッケージ URL を指定する必要があります。 このテストに不合格の場合、申請は次の手順に進みません。

このパッケージ URL で、.exe または .msi ファイル形式でパッケージ化されたアプリのインストーラーをホストする必要があります。 このテストに不合格の場合、申請は次の手順に進みません。

重要

パッケージ URL に配置したインストーラーのバイナリを提出後に変更することはできません。 バージョン管理されたパッケージ URL (https://contoso.com/downloads/1.1/myinstaller.msi など) を作成して提出することをお勧めします。 パッケージ URL を更新する必要がある場合は、新しいパッケージ URL で新しいアプリの申請を作成できます。

マルウェア テスト

このテストでは、静的および動的なスキャン テクノロジを使って、ウイルス、マルウェア、不要なアプリケーションがアプリに含まれていないことを確認します。 このテストで不合格になった場合は、最新のウイルス対策ソフトウェアを実行して開発システムをチェックしてから、クリーンなシステム上でアプリのパッケージをリビルドする必要があります。

マルウェアや不要なアプリが含まれていないことを確認するために、Microsoft Defender または Windows と互換性のあるその他のコンシューマー向けウイルス対策ソフトウェアを使ってスキャンすることを強くお勧めします。

サイレント インストール

このテストでは、通常、アプリの次のような動作を確認します。

  • ユーザーに表示されるユーザー インターフェイスを使用せずに、サイレント インストールできること。 パッケージのインストール時には、指定したインストーラー パラメーターがすべて使われます。
  • 標準のユーザー アカウントでログインすると、正常にインストールできること。
  • Windows の [スタート] メニューや [プログラム] 一覧にエントリを作成し、ユーザーが見つけられるようにすること。 この処理が不要なアプリの場合は、申請の [認定の注意書き] セクションにその旨を記載する必要があります。
  • 製品名、発行元の名前、既定の言語、バージョン情報 (該当する場合) などの情報を、お客様がそのような情報を確認できると期待する場所 (Windows の [プログラムの追加と削除] など) で照会できるように、アプリのインストーラーが Windows 用に適切に構成されていること。 この情報は、アプリケーションのインストーラー パッケージの一部です。 Windows インストーラーのプロパティの設定方法の詳細については、インストーラーのプロパティの設定に関するページを参照してください。
  • ファイル、フォルダー、レジストリ エントリを残さずにきれいにアンインストールできること。

スタンドアロンおよびオフライン インストーラー

このテストでは、提出したインストーラーがスタンドアロンおよびオフラインのインストーラーであり、起動時にバイナリをダウンロードするダウンローダーではないことを確認します。 これは、インストールされるバイナリが、認定プロセスに合格したものと同じバイナリであることを認定するために必要です。

バンドルウェア チェック

このテストでは、アプリの主な目的とは関連していない可能性のある、追加のサードパーティ製アプリをインストールしようとしているかどうかを確認します。

Microsoft 製ではないドライバーまたは NT サービスへの依存

このテストでは、アプリが Microsoft 製ではないドライバーまたは NT サービスに依存しているかどうかを確認します。 このような依存関係は、パートナー センターでアプリを申請する際に開示する必要があります。

デジタル署名/コード署名は、Windows 上のアプリと更新プログラムの検証済みで信頼できるエコシステムを確保するうえで不可欠な部分です。 EXE/MSI アプリとその内部のポータブル実行可能ファイル (PE) は、 Microsoft 信頼されたルート プログラムの一部である証明機関 (CA) の証明書までチェーンする証明書でデジタル署名されることを強くお勧めします。

プライバシー ポリシー

アプリが何らかの方法で個人情報にアクセスする場合や、法律で義務付けられている場合など、アプリに必要な場合は、有効なプライバシー ポリシーの URL を含めます。 アプリにプライバシー ポリシーが必要かどうかを確認するには、「アプリ開発者契約書」と「Microsoft Store ポリシー」を参照してください。

その他のテスト

提出したアプリの種類によっては、アプリのパフォーマンス、セキュリティ、安定性、信頼性に関する追加テストが実施され、次の手順のために所見が申請者と共有される場合があります。

一般的な認定エラーの回避

アプリの認定の妨げになることが多い問題、またはアプリの公開後のスポット チェックで識別された問題を回避するために、このリストを確認します。

  • インストール中またはインストール後にサードパーティ製アプリを宣伝しないでください。
  • アプリを申請するのは、アプリが完成した場合だけにします。 アプリの説明を使って今後の機能を言及することをお勧めしますが、不完全なセクションや、作成中の Web ページへのリンクなど、アプリが不完全であるという印象をユーザーに与えるものをアプリに含めないようにしてください。
  • できるだけアプリの安定性が高くなるように、複数の異なる構成でアプリをテストします。
  • ネットワークに接続できない状況でもアプリがクラッシュしないことを確認します。 アプリを使うには接続が必要な場合でも、接続が存在しない状態で正常に動作する必要があります。
  • テスト アカウントのユーザー名とパスワード (ユーザーがサービスにログインする必要のあるアプリの場合) や、非表示の機能やロックされている機能へのアクセスに必要な手順など、アプリを使うために必要な情報を提供してください。
  • 製品名、発行元の名前、既定の言語、バージョン情報 (該当する場合) などのアプリの情報を、お客様がそのような情報を確認できると期待する場所 (Windows の [プログラムの追加と削除] など) で提供するように、アプリのインストーラーを構成してください。 この情報は、アプリケーションのインストーラー パッケージの一部です。 Windows インストーラーのプロパティの設定方法の詳細については、インストーラーのプロパティの設定に関するページを参照してください。
  • アプリが何らかの方法で個人情報にアクセスする場合や、法律で義務付けられている場合など、アプリに必要な場合は、プライバシー ポリシーの URL を含めます。 アプリにプライバシー ポリシーが必要かどうかを確認するには、「アプリ開発者契約書」と「Microsoft Store ポリシー」を参照してください。
  • アプリの説明が、その機能を明確に表していることを確認してください。 ヘルプが必要な場合は、アプリに関する優れた説明を記載する ためのガイダンスをご覧ください。
  • アクセシビリティのシナリオを想定して具体的な設計とテストを行っていない限り、アプリをアクセシビリティ対応として宣言しないでください。
  • Microsoft Store ポリシー」を確認して、そこに記載されているすべての要件をアプリが満たしていることを確認してください。

コンテンツのコンプライアンス

このテストにかかる時間は、アプリの複雑さ、視覚的なコンテンツの量、同時期に提出されたアプリの数などによって異なります。 認定を求めるにあたって伝えておく必要のある情報があれば、[認定の注意書き] セクションに記入してください。

認定プロセスが完了すると、合格しなかった場合は、失敗したテストまたは満たしていなかったポリシーが記載されたレポートを含むメールが送信されます。 問題の修正後、アプリの新しい申請を作成して、認定プロセスを再び始めることができます。

重要

アプリのコンテンツは Microsoft Store コンテンツ ポリシーに準拠している必要があり、ポリシーに基づいてテストされます。 アプリを提出する前に、これらのポリシーを理解しておくことを強くお勧めします。

発行

アプリは認定後に公開されます。 このフェーズが開始されると、申請を取り消すことはできなくなります。

アプリの公開後にもスポット チェックが実施され、発生する可能性のある問題の検出や、アプリが Microsoft Store ポリシーのすべてに準拠しているかどうかの確認が行われます。 アプリに問題が見つかった場合は、問題とその修正方法が通知されます。または、Microsoft Store からのアプリの削除が妥当な場合は、削除されたことが通知されます。