次の方法で共有


アプリ パッケージ管理のガイダンス

アプリのパッケージを顧客が使用できるようにする方法と、特定のパッケージシナリオを管理する方法を学びましょう。

OSのバージョンとパッケージの配布

異なるオペレーティングシステムは、異なるタイプのパッケージを実行することができる。 一つ以上のパッケージを顧客の機器で実行できるならば、マイクロソフトストアは利用可能な最高のマッチングを提供する。

一般的に言って、同じデバイスファミリーの以前のOSバージョンをターゲットにしたパッケージを、後のOSバージョンで実行することができる。 Windows 10 デバイスでは、(デバイス ファミリごとに) サポートされている以前の OS バージョンをすべて実行できます。 Windows 10 デスクトップ デバイスでは、Windows 8.1 または Windows 8 用に構築されたアプリを実行できます。 ただし、Windows 10またはWindows 11のユーザーは、アプリに該当するデバイスファミリーをターゲットとしたUWPパッケージが含まれていない場合にのみ、これらのパッケージを入手できる。

重要

Windows Phone 8.x SDK を使用してビルドされた新しい XAP パッケージはアップロードできなくなりました。 XAP パッケージと共に既にストアに入っているアプリについては、引き続き Windows 10 Mobile デバイスで動作します。 詳細については、このブログ投稿を参照してください。

ストアからアプリを削除する

時には、顧客にアプリを提供することを中断し、効果的に「非公開」することもできる。 これを行うには、[アプリの概要] ページのストア プレゼンス カードのトグル ボタンを使用します。 アプリを使用不可にしたいことを確認すると、数時間以内にストアでアプリが表示されなくなり、新規のお客様はアプリを入手できなくなります ( のプロモーションコードを持っていて、Windows 10またはWindows 11のデバイスを使用している場合を除く)。

製品をストアで利用できないようにする方法を示す新しい msix 概要ページのスクリーンショット

重要

このオプションは、投稿で選択した 視認性の設定を上書きる。

このオプションは、投稿を作成し、「この商品を利用可能にするが、Store で発見できないようにする (獲得停止 オプション) 」を選択した場合と同じ効果がある。 しかし、新しい提出物を作成する必要はない。

すでにアプリを持っているお客様は、依然として使用することができ、もう一度ダウンロードすることができます(後で新しいパッケージを提出する場合、アップデートを受けることもできる)。

アプリの提供を停止した後も、パートナー センターにはそのアプリが引き続き表示されます。 アプリをもう一度顧客に提供する場合は、[アプリの概要] ページのバナーから [製品を利用可能にする] をクリックするか、[アプリの概要] ページのストア プレゼンス カードのトグル ボタンを使用できます。 確認後、数時間以内に新しい顧客(最後の提出時の設定に制限されない限り)がこのアプリを利用できるようになる。

ストアで製品を入手できるようにする方法を示す新しい msix 概要ページのスクリーンショット

Note

アプリを利用可能な状態に保ちたいが、特定のOSバージョンで新規顧客にアプリを提供し続けたくない場合、新しいサブミッションを作成し、新規獲得を防止したいOSバージョンのパッケージをすべて削除することができる。

以前サポートされていたデバイスファミリーのパッケージの削除

これまでアプリでサポートされていた特定のデバイス ファミリ用のパッケージをすべて削除する場合 (「拡張 SDK でのプログラミング」を参照してください)、[パッケージ] ページでの変更を保存する前に、この削除を実行してもよいかどうかを確認するメッセージが表示されます。

これまでアプリでサポートされていたデバイス ファミリで実行可能なすべてのパッケージを削除する申請を発行すると、新しいユーザーは、そのアプリをそのデバイス ファミリでは入手できなくなります。 後でいつでも別のアップデートを公開し、そのデバイスファミリー用のパッケージを再び提供することができる。

特定のデバイス製品群をサポートするパッケージをすべて削除しても、該当タイプのデバイスにアプリをインストールした既存の顧客は依然として使用することができ、後で提供するアップデートを受けるという点に注意しなければならない。

既存のアプリにWindows 10用のパッケージの追加

Windows 8.x や Windows Phone 8.x 用のパッケージのみを含んでいるアプリが Microsoft Store にあり、Windows 10 および 11 用にアプリを更新したい場合は、「パッケージ」の手順で新しい申請を作成して、UWP .msixupload または .appxupload パッケージを追加します。 アプリが認定プロセスを通過すると、その UWP パッケージも Windows 10 および 11 のユーザーが新たに利用できるように提供開始されます。

メモ

Windows 10 および 11 のユーザーが、UWP パッケージを取得すると、そのユーザーを以前の OS バージョンに戻すことはできません。

Windows 10 および 11 パッケージのバージョン番号は、既に使用している Windows 8、Windows 8.1 パッケージ用の番号より大きい必要があります。 詳細について、のパッケージのバージョン番号付けを参照する

ストア向けUWPアプリのパッケージ化に関する詳細については、のパッケージングアプリを参照してください。

アーキテクチャや言語ごとに異なるパッケージを持ってくることができる。 アーキテクチャと言語の組み合わせの場合は、パッケージを 1 つだけ持ち込むことができます。 例えば、x64と「英語」言語の組み合わせは1つのパッケージしか持って来ることができない。

アプリをアップデートする際、パッケージの管理ページで以前のパッケージを削除することができる。 必要のないパッケージを削除し、必要であれば新しいパッケージを追加する。 パッケージを削除または新規追加したら、パッケージの管理ページで「すべて保存」をクリックする。 これにより、新しい変更がアップロードされる。

重要

パッケージのバージョン番号は、アプリのアドオンではサポートされていない。