次の方法で共有


Windows Dev 332 キット 2023

Windows 開発キット 2023 (コード名 "Project Volterra") は、Windows 開発者向けに構築された最新の Arm デバイスであり、ニューラル処理ユニット (NPU) を備え、クラス最高の AI コンピューティング容量、複数のポート、デスクトップおよびラック展開用のスタック可能な設計を提供します。 Arm 用ネイティブ Windows アプリを開発、デバッグ、テストするために必要なすべてのものを備え、専用に構築されています。

デバイスの詳細

  • 32 GB LPDDR4x RAM と 512 GB 高速 NVMe ストレージ
  • Snapdragon® 8cx Gen 3 コンピューティング プラットフォーム
  • ポート: USB-A x 3、USB-C x 2、Mini-Display (HBR2 サポート)、イーサネット (RJ45)
  • 20% リサイクルされた海洋プラスチック製
  • Microsoft Store で入手可能

Windows Dev Kit 2023

デバイスのセットアップ

デバイスをオンにして初めてインターネットに接続するときに、Windows Update の概要に関するプロンプトと構成に従って、最新のソフトウェアがデバイスで実行されていることを確認します。

ボタンと外部ポートを確認する

デバイスを台の上に平らに置いて、デバイスの左側にある 3 つのボタン (左から右へ) は次のようになります。

  • USB で起動するボタン: 電源ボタンと USB で起動するボタンを長押しして、USB-C の USB ドライブで起動します。 この方法を使用して、最新の回復イメージを使用してデバイスのイメージを再適用できます。
  • UEFI ボタン: 電源ボタンと UEFI ボタンを押したままにして、UEFI メニューを起動します。 (USB-C モニター接続は、UEFI 操作時は互換性がありません。)
  • 電源ボタン

デバイスが Windows 11 まで起動すると、次を含むすべての外部ポートを使用できるようになります。

  • イーサネット用 RJ45
  • USB-A ポート x 3
  • USB-C ポート x 2
  • Bluetooth と WiFi

このデバイスで mDP ポートと 2 つの USB-C ポートを使用して、最大 3 台のディスプレイがサポートされます。

注意

Unified Extensible Firmware Interface (UEFI) により、標準の基本入出力システム (BIOS) が、起動の高速化やセキュリティの向上などの新機能に置き換えられます。 UEFI を使用してデバイスのファームウェア機能を管理できます。

電源をセットアップする

この開発キットには、90W の電源が含まれています。 デバイスの背面左端に電源モジュールを取り付けます。

  • デバイスは、使っていないときは既定で "コネクト スタンバイ モード" になります。 OS コントロールを使用してデバイスを休止状態にすることを選択できます。
  • ファン制御はファームウェアによってサポートされ、制御されます。 ファンは熱負荷を管理するために必要に応じて有効になります。
  • デバイスにはバッテリがないため、システムは AC でのみ動作します。 テスト対象の DC モードはありません。

ディスプレイの設定 - モニターを接続する方法

最適なエクスペリエンスを得るには、このデバイスをセットアップするためのメイン ディスプレイとして mDP ポートを使用することをお勧めします。 デバイスが Windows で起動されるまで、すべての表示出力は mDP ポートに接続されているモニターに既定で行われます。

mDP ポートを使用する必要があるシナリオは次のとおりです。

  • デバイスをオンにした時にスタートアップ ロゴを表示させる。
  • ファームウェアの設定を変更するために UEFI を起動する。
  • 回復イメージに関するページからダウンロードした、デバイスの回復イメージのインストール。
  • BitLocker プロセス (回復キー プロンプトやプリブート PIN など)。
  • Windows の起動エラーやバグ チェック ブート ループなど、Windows が読み込まれる前に画面に何かを表示する必要がある Windows OS の起動 (スタートアップ) アクティビティ。
  • Windows の自動回復。
  • USB ブート ディスクを使用して Windows 回復環境 (WinRE) または Windows PE (WinPE) を起動する。
  • SEMM を使用したファームウェアの所有権の取得。

Windows Developer Kit デバイス ディスプレイ ポートを使用するための要件と注意事項

  • デバイスに接続されているディスプレイが USB-C のみの場合、(前述のように) mDP ポートを使用しなければ、Windows が起動するまで、デバイスの電源を入れた際に起動画面の出力が表示されません。 Windows の起動プロセスには約 25 秒かかります。
  • HDMI または DVI モニターを mDP ポートに接続する場合は、mini-DP から HDMI へのアクティブなアダプター、または mini-DP から DVI へのアクティブなアダプターが必要です。 *接続が機能していない場合は、パッシブ アダプターまたはパッシブ アダプター内蔵のケーブルを使用している可能性があります。 ケーブルは 2m/6ft 以下にする必要があります。
  • 外部キーボードまたはマウスを接続する場合は、USB-C ではなく USB-A ポートを使用します。 USB-C を使用してキーボードまたはマウスを接続すると、断続的にしか動作しません。
Port 伝送モード 最大データ速度 サポートされているディスプレイ (最大解像度) コメント
mDP HBR2 4 レーン x 5.4 Gbps/レーン SST: 3840 x 2160 @ 60Hz、MST: (x2) 2560 x 1600 @ 60Hz UEFI メニューで起動する既定のモニター ポート
USB-C (x2) HBR3 4 レーン x 8.1 Gbps/レーン SST: 5120x2880 @ 60Hz、SST: 4096x2160 @ 60Hz、MST: (x2) 3840x2160 @ 60Hz (RB2)、MST: (x2) 2560x1600 @ 60Hz (CVT、RB) UEFI メニューを使用せずに起動する既定のモニター ポート

Arm ネイティブの開発者ツールをインストールする

以下を含む、完全な Arm ネイティブの開発者ツール スイートを Windows 11 にインストールできます。

CPU、GPU、NPU でのローカル コンピューティングと、Azure でのクラウド コンピューティングを組み合わせています。これには以下が含まれます。

  • ONNX ランタイム + Windows 開発キット 2023 = NPU 搭載 AI

    PyTorch や TensorFlow などのフレームワークで ONNX ランタイムを使用して NPU の能力を引き出し、AI および ML のワークロードを高速化する - その手順とチュートリアルを開始します。

  • Qualcomm 開発者ネットワーク: Snapdragon 上の Windows

    ネイティブ AArch64 (64 ビット Arm) アプリのサポートにより、Snapdragon® デバイス上の Windows を強化する Snapdragon コンピューティング プラットフォームの詳細をご確認ください。 Windows 用 Qualcomm ニューラル処理 SDK をダウンロードするためのリンクもあります。 Qualcomm® ニューラル処理 SDK は、Qualcomm® AI 製品を使用するデバイスで、トレーニング済みのニューラル ネットワークのパフォーマンスを最適化する開発者の時間と労力を節約できるように設計されています。

  • QNN Execution Provider for ONNX Runtime

    QNN Execution Provider for ONNX Runtime を使用すると、Qualcomm チップセットでのハードウェアの高速実行が可能になります。 Qualcomm AI Engine Direct SDK (QNN SDK) を使用して、サポートされているアクセラレータ バックエンド ライブラリで実行できる ONNX モデルから QNN グラフを構築します。

  • Azure Virtual Machines と Ampere Altra Arm ベースのプロセッサ

    スケールアウト ワークロード、Web サーバー、アプリケーション サーバー、オープンソース データベース、クラウドネイティブ、リッチな .NET アプリケーション、Java アプリケーション、ゲーム サーバー、メディア サーバーなどを効率的に実行するように設計されています。

Arm ネイティブ アプリの構築と既存の x64 アプリの移植のサポートも利用できます。

  • Arm64EC

    Arm64EC ("エミュレーション互換") は、新しいアプリケーション バイナリ インターフェイス (ABI) です。これにより、新しいネイティブ アプリを構築したり、既存の x64 アプリを段階的に移行したりして、より優れた消費電力、バッテリー寿命、高速な AI および ML ワークロードなど、Arm 搭載デバイスで可能なネイティブの速度とパフォーマンスを利用できます。

  • Arm64X

    Arm64X は、従来の Arm64 コードと Arm64EC コードの両方を一緒に含めることができる新しい種類のバイナリであり、両方の AVI で使用できるミドルウェアまたはプラグインに特に適しています。

Arm 上の Windows 11 でサポートされるその他の開発者ツールには、次のようなものがあります。

  • Linux 用 Windows サブシステム

    従来の仮想マシンまたはデュアルブート セットアップのオーバーヘッドなしに、Linux ディストリビューションを Windows にインストールできます。

  • Windows ターミナル

    タブまたはペインで複数のコマンド ラインを並べて実行する最新の方法であり、GPU 高速化テキスト レンダリング エンジンとコマンド パレットを使用して完全にカスタマイズできます。

  • Windows パッケージ マネージャー

    コマンド ライン ツール (winget) と、ハードウェア アーキテクチャに基づいて利用できる最適なパッケージを選択する、アプリケーションをインストールするための一連のサービスとで構成された、包括的なパッケージ マネージャー ソリューションを提供するものです。

  • Microsoft PowerToys

    パワー ユーザーが Windows エクスペリエンスを調整および合理化して生産性を向上させるためのユーティリティのセットであり、FancyZones ウィンドウ マネージャー、キーボード マネージャー、マウス ユーティリティ、PowerRename などが含まれます。

  • Android 用 Windows サブシステム

    Amazon Appstore で入手できる Android アプリケーションを Windows 11 で実行できるようにします。

サポート

Arm 版 Windows 開発者キットでのハードウェアまたは保証のサポートについては、ビジネスのサポート サービス ハブ ページでサポート リクエストを開きます。

FAQ

  • 回復ドライブを設定するには、どのようにしますか?

    必要に応じて戻るための既定のデバイス状態を取り込むために USB 回復ドライブを作成するには、空の 16 gb USB ドライブが必要です。 (このプロセスにより、ドライブに既に格納されているすべてのデータが消去されます。)

    1. タスク バーの検索ボックスで、「回復ドライブの作成」を検索します。 選択後、管理者パスワードの入力や選択内容の確認を求められる場合があります。

    2. ツールが開いたら、[システム ファイルを回復ドライブにバックアップします] が選択されていることを確認します。 [次へ] を選択します。

    3. USB ドライブを接続し、それを選択して、[次へ]、[作成] の順に選択します。 多数のファイルが回復ドライブにコピーされるため、これには時間がかかります。

    回復ドライブから開発キット デバイスを起動するには:

    1. USB ドライブを接続し、電源ボタンと UEFI ボタンを長押しして UEFI メニューを起動します。

    2. UEFI が表示されたら、外部 USB-A キーボードまたはマウスを使用して、ブート構成メニューに移動します。

    3. [USB ストレージ] をダブルクリックして USB キーを起動します。

  • Windows 11 Arm ベースの PC で動作するようにドライバーを更新するには、どのようにしますか?

    ハードウェア、ゲーム、アプリのドライバーは、Windows 11 Arm ベースの PC 用に設計されている場合にのみ機能します。 ドライバーを開発した組織に直接確認して、関連する Arm64 更新プログラムを見つけてください。

  • このデバイスは支援技術をサポートしていますか?

    Windows 11 には、Microsoft Store の支援技術アプリ (OneStep Reader や Microsoft Edge 用の ReadWrite 拡張機能など) に加えて、デバイスでより多くのことを行うのに役立つ [組み込みのユーザー補助機能] が用意されています。 NVDA にも、Windows 11 Arm ベースのスクリーン リーダーが用意されています (NV Access のダウンロード サイトを参照してください)。 Microsoft Store を確認するか、支援ソフトウェア ベンダーに問い合わせて、Windows 11 Arm ベースの PC で目的のアプリが利用できるかどうかを確認してください。

  • Windows Developer Kit 2023 を工場出荷時の状態にリセットするための回復イメージは、どこでダウンロードできますか?

    回復イメージに関するページに、"Windows Dev Kit 2023" 専用のイメージが用意されています。 デバイスのシリアル番号を入力する必要があります。

  • カスタム OS イメージはサポートされていますか?

    いいえ。現在、カスタム オペレーティング システム イメージは Microsoft Arm デバイスではサポートされていません。 購入時にデバイスで提供される Windows OS イメージのみがサポートされます。 このイメージは、必要に応じて、回復イメージに関するページでダウンロード可能な回復イメージを使用して再インストールすることができます。

詳細については、「Windows Arm ベースの PC に関する FAQ」を参照してください。