Share via


アクティブな Directory-Based アクティブ化の概要

Active Directory-Based Activation (ADBA) を使用すると、企業はドメインへの接続を介してコンピューターをアクティブ化できます。 多くの企業は、会社に登録されている製品を使用するオフサイトの場所にコンピューターを持っています。 以前は、これらのコンピューターは、小売キーまたは複数ライセンス認証キー (MAK) を使用するか、キー管理サービス (KMS) を使用して製品をアクティブ化するためにネットワークに物理的に接続する必要があります。 ADBA は、コンピューターが会社のドメインに参加できる場合に、これらの製品をアクティブ化する方法を提供します。 ユーザーがコンピューターをドメインに参加させると、コンピューターに汎用ボリューム ライセンス キー (GVLK) がインストールされている限り、ADBA オブジェクトによってコンピューターにインストールされている Windows が自動的にアクティブになります。 単一の物理コンピューターは、ドメイン全体に分散されるため、アクティブ化オブジェクトとして機能する必要はありません。

ADBA シナリオ

ドメインに参加しているデバイスのみをアクティブ化する場合は、ADBA を使用できます。

KMS サービスをホストしているサーバーがある場合、サーバーが新しいホストに置き換えられた場合は、ライセンスを再アクティブ化する必要があります。 ADBA を使用する場合、ライセンスの再アクティブ化は必要ありません。

また、クライアントが任意のドメイン コントローラーに接続できるため、複数の KMS サーバーが存在する場合にも、ADBA を使用すると負荷分散が容易になります。 ADBA は、優先順位と重みの値を構成することで、DNS サービスを使用して負荷分散を行うよりも簡単です。

一部の VDI ソリューションでは、プールに追加する前に、作成時に新しいクライアントをアクティブ化する必要もあります。 この VDI シナリオでは、ADBA は、KMS の停止によって発生する可能性がある潜在的な VDI の問題を排除できます。

ADBA メソッド

VAMT を使用すると、IT プロフェッショナルは ADBA オブジェクトを管理およびアクティブ化できます。 アクティブ化は、次の方法で実行できます。

  • オンライン ライセンス認証: ADBA フォレストをオンラインでアクティブ化するには、ユーザーが [オンライン でのフォレストのアクティブ化 ] 機能を選択し、使用する KMS ホスト キー (CSVLK) を選択し、ADBA オブジェクトに名前を付けます。

  • プロキシのアクティブ化: プロキシのアクティブ化の場合、ユーザーは最初に プロキシ アクティブ化フォレスト 関数を選択し、使用する KMS ホスト キー (CSVLK) を選択し、ADBA オブジェクトに名前を付け、インストール ID を含む CILx ファイルを保存するファイル名を提供します。 次に、ユーザーはそのファイルをインターネット接続で VAMT を実行しているコンピューターに移動し、VAMT ランディング ページで CILX の確認 ID の取得 機能を選択し、元の CILx ファイルを提供します。 VAMT が確認 ID を元の CILx ファイルに読み込むと、ユーザーはこのファイルを元の VAMT インスタンスに戻します。ここで、ユーザーは [Active Directory ドメインに確認 ID を適用 する] 関数を選択してプロキシのアクティブ化プロセスを完了します。