Share via


VAMT の既知の問題

ボリューム ライセンス認証管理ツール (VAMT) バージョン 3.0 に関する現在の既知の問題。 3.1 には、次のものが含まれます。

  • ターゲット コンピューターがスリープ状態またはスタンバイ状態の場合、VAMT Windows 管理インフラストラクチャ (WMI) リモート操作の実行に時間がかかる場合があります。

  • 以前のバージョンの VAMT を使用して保存されたコンピューター情報リスト (CIL) ファイルを開くと、各製品のエディション情報が中央のウィンドウに表示されません。 エディション情報を取得するには、製品の状態をもう一度更新する必要があります。

  • 残りのアクティブ化数は、複数のアクティブ化キー (MAK) に対してのみ取得できます。

WINDOWS 10 アクティブ化用の CSVLK を VAMT 3.1 に追加するための回避策

もう 1 つの既知の問題は、WINDOWS 10 Key Management Service (KMS) ホスト キー (CSVLK) または WINDOWS SERVER 2012 R2 for Windows 10 CSVLK を VAMT 3.1 (バージョン 10.0.10240.0) に追加しようとすると、ここに示すエラー メッセージが表示されるということです。

VAMT エラー メッセージ。

この問題は、VAMT 3.1 に、この種類のキーを認識するための正しい Pkconfig ファイルが含まれていないために発生します。 この問題を回避するには、次のいずれかの方法を使用します。

方法 1

VAMT 3.1 ツールに CSVLK を追加しないでください。 代わりに、 コマンドを slmgr.vbs /ipk <CSVLK> 使用して、KMS ホストに CSVLK をインストールします。 このコマンドでは、 <CSVLK> は、インストールする特定のキーを表します。 ツールの使用方法の詳細については、「ボリュームライセンス認証情報をSlmgr.vbs取得するためのSlmgr.vbs オプション」を参照してください。

方法 2

KMS ホスト コンピューターで、次の手順を実行します。

  1. 2016 年 7 月の更新プログラムのロールアップから、Windows 8.1および Windows Server 2012 R2 の修正プログラムをダウンロードします。

  2. Windows エクスプローラーで、485392_intl_x64_zipを右クリックし、修正プログラムを C:\KB3058168 に抽出します。

  3. 更新プログラムの内容を抽出するには、次のコマンドを実行します。

    expand c:\KB3058168\Windows8.1-KB3058168-x64.msu -f:* C:\KB3058168\
    
  4. Windows8.1-KB3058168-x64.cab の内容を抽出するには、次のコマンドを実行します。

    expand c:\KB3058168\Windows8.1-KB3058168-x64.cab -f:pkeyconfig-csvlk.xrm-ms c:\KB3058168
    
  5. 製品ページの

    C:\KB3058168\x86_microsoft-windows-s..nent-sku-csvlk-pack_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17815_none_bd26b4f34d049716

    フォルダーをコピーします。

    pkeyconfig-csvlk.xrm-ms

    ファイル。 このファイルを に貼り付けます。

    C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\VAMT3\pkconfig

    フォルダーに含まれています。

  6. VAMT を再起動します。