ボリューム ライセンス認証管理ツール (VAMT) テクニカル リファレンス

ボリューム ライセンス認証管理ツール (VAMT) を使用すると、Windows、Office、およびその他の Microsoft 製品の小売ライセンス認証プロセスの自動化と一元管理が可能になります。 VAMT では、複数のライセンス認証キー (MAK) または Windows キー管理サービス (KMS) を使用してボリュームのアクティブ化を管理できます。 VAMT は、標準の Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインです。 VAMT は、サポートされている Windows OS バージョンを持つ任意のコンピューターにインストールできます。

重要

VAMT は、現在サポートされているすべてのバージョンの Windows、Windows Server、および Office のボリューム ライセンス認証を管理するように設計されています。

VAMT は EN-US (x86) パッケージでのみ使用できます。

このセクションの内容

記事 説明
VAMT の概要 VAMT と一般的な使用法の説明を提供します。
Active Directory ベースのアクティブ化の概要 Active Directory ベースのアクティブ化シナリオについて説明します。
VAMT のインストールと構成 VAMT をインストールし、それを使用してネットワーク内のクライアント コンピューターを構成する方法について説明します。
製品の追加と管理 クライアント コンピューターを VAMT に追加する方法について説明します。
プロダクト キーを管理する VAMT からプロダクト キーを追加および削除する方法について説明します。
アクティブ化を管理する さまざまなアクティブ化方法を使用してクライアント コンピューターをアクティブ化する方法について説明します。
VAMT データの管理 VAMT を使用してコンピューター情報リスト (CILX) ファイルを保存、インポート、エクスポート、マージする方法について説明します。
VAMT の詳細なシナリオ 一般的な環境で VAMT を使用する手順について説明します。
VAMT の既知の問題 VAMT の既知の問題をListsします。