Share via


ラボ 1a: 基本イメージの作成 (iot-ent-create-a-basic-image)

まず、基本的なWindows 10 IoT Enterprise イメージをデバイスにインストールして、カスタマイズの追加に進む前にすべてが動作していることを確認します。 このラボは、このセクション内の他のすべてのラボを実行するための前提条件です。他のラボは、この最初の基本イメージをベースに構築されます。

この一連のラボを実行するために必要なもの

IoT Enterprise イメージの作成に必要なツールの入手に関する記事を参照し、必要なものがすべてあることを確認してください。 すべてのものを用意したら、次のセクションに進むことができます。

基本イメージの作成

参照デバイスに Windows をインストールする

このセクションでは、インストール時に使用する起動可能な Windows インストール フラッシュ ドライブを作成する方法について説明します。

起動可能なフラッシュ ドライブを作成する

Windows をインストールする一般的な方法は、起動可能なフラッシュ ドライブを作成し、Windows インストール ファイルをフラッシュ ドライブにコピーすることです。 フラッシュ ドライブにファイルを配置したら、それを IoT デバイスに挿入し、フラッシュ ドライブから起動できます。 詳細については、「USB フラッシュ ドライブからの Windows のインストール」を参照してください。

インストール フラッシュ ドライブを準備する方法を次に示します。

  1. テクニシャン PC にフラッシュ ドライブを挿入する

  2. 管理コマンド プロンプトを開き、 を実行 diskpartします。

    diskpart
    
  3. を使用して diskpart ディスクを一覧表示し、フラッシュ ドライブを識別できるようにします。

    list disk
    

    次のような結果が表示されます。

    Disk ###  Status         Size     Free     Dyn  Gpt
    --------  -------------  -------  -------  ---  ---
    Disk 0    Online          238 GB      0 B        *
    Disk 1    Online          3822 MB     0 B      
    

    この例では、ディスク 1 はフラッシュ ドライブです。これは、サイズが使用しているフラッシュ ドライブのサイズを表しているためです。

  4. フラッシュ ドライブのディスク番号を特定したら、 を使用 diskpart してドライブを準備し、起動可能なインストール ドライブとして使用できるようにします。

    警告

    次のコマンドは、フラッシュ ドライブ上のすべてを消去します。

    diskpartから次のコマンドを入力します。ここで、Disk 1 はフラッシュ ドライブです。

    Select disk 1
    clean
    create partition primary
    select partition 1
    active
    Format fs=fat32 quick
    assign
    exit
    
  5. Windows IoT Enterprise ISO または DVD の内容全体をフラッシュ ドライブのルートにコピーします。 エクスプローラーを使用して、ファイルを手動でコピーすることができます。

フラッシュ ドライブから IoT デバイスに Windows をインストールし、監査モードで起動する

このセクションでは、Windows セットアップを使用して Windows インストール フラッシュを使用して IoT デバイスに Windows をインストールする方法について説明します。

Windows セットアップの間、デバイスをネットワークに接続しないことをお勧めします。 ネットワーク接続があると、ライセンス認証が遅延された状態が失われる可能性があります。

デバイスを起動して Windows セットアップに進む
  1. テクニシャン PC から電源を切った IoT デバイスにフラッシュ ドライブを移動します。
  2. IoT デバイスをオンにし、デバイスのブート メニューを表示します。 デバイスには、ブート メニューに移動するために押す特定のボタンの組み合わせまたはキーボード キーがあります。 デバイスのブート メニューにアクセスする方法に慣れていない場合は、ハードウェアのドキュメントを参照する必要がある場合があります。
  3. ブート メニューから、起動元のフラッシュ ドライブを選択します。 デバイスがフラッシュ ドライブから起動し、Windows セットアップに入ります。
Windows セットアップを使用して Windows をインストールする
  1. 要求される情報を入力しながら、Windows セットアップのメニューを順に進めます。 デバイスに適用される言語、時刻、通貨、キーボード オプションなどの設定を選択し、次の画面を選択します。
  2. [今すぐインストール] 画面で、[ 今すぐインストール] を選択します。
  3. [Windows のライセンス認証] 画面で、有効なプロダクト キーを挿入します。 プロダクト キーがない場合は、[プロダクト キーがありません] を選択します。
  4. [アプリケーション通知とライセンス条項] 画面で、ライセンス条項に同意するチェックボックスチェック条件が許容される場合は、[次へ] を選択します。
  5. [インストールの種類を選んでください] 画面で、[カスタム: Windows のみをインストールする] を選択します。 このオプションを選択すると、クリーンインストールが開始されます
  6. [Windows をインストールする場所] 画面で、デバイスに既存のパーティションがある場合は、パーティションを削除して、未割り当て領域に最初から 1 つのブロックを配置し、[ 次へ ] を選択してインストールを開始することをお勧めします。
  7. オペレーティング システムのインストール中に、デバイスが数回再起動します。 IoT デバイスが OOBE (Out Of Box Experience) に入り、 "リージョンから始めましょう" という画面が表示されるまで待ちます。
監査モードを開始する
  1. 最初の OOBE 画面で、監査モードを開始するためにキーボードで CTRL + SHIFT + F3 の組み合わせを使用します。
  2. デバイスは監査モードで再起動するはずです。 [システム準備ツール] ウィンドウが表示されたら、監査モードであることがわかります。 システム準備ツールで [キャンセル] を選択して閉じます。
  3. システムを再起動するたびに、システム準備ツール (Sysprep とも呼ばれます) が表示されます。 将来のラボでは、Sysprep ユーティリティを呼び出して、システムを監査モードから外します。 監査モードの詳細については、「 ラボ 1b - 監査モードで参照デバイスをカスタマイズする」を参照してください。

次のステップ

Windows が参照デバイスにインストールされ、カスタマイズ可能な基本イメージを用意できました。 ラボ 1b では、基本的なイメージを取得し、監査モードを使用してカスタマイズします。