Unreal でのデバイスへのデプロイ

Unreal アプリケーションを HoloLens 2 に展開するには、次の 2 つの方法があります。

  • Unreal エディターから直接展開する
  • デバイス ポータルを通じてアップロードされたパッケージとして展開する

どちらの場合も、デバイス ポータルを開発に使用するように HoloLens を設定する必要があります。

Unreal エディターからデバイスへの展開

  1. [Launch] ボタンの横にあるドロップダウン矢印を選択します。 初期状態では、HoloLens デバイスのオプションはグレー表示になります。

Launch dropdown options

  1. Device Manager を開き、デバイスの一覧で、HoloLens が自動的には表示されないことを確認してください。

  2. [Add An Unlisted Device](一覧にないデバイスの追加) セクションを展開します。

  3. プラットフォームとして [HoloLens] を選択します。

  4. デバイス ID として、デバイスの IP アドレスとポート情報をコロンで区切って入力します。 たとえば、「127.0.0.1:10080」 (USB 経由で接続されている場合) などです。 資格情報は、デバイス ポータルのユーザー名とパスワードを使用します。

  5. [追加] をクリックし、デバイス マネージャーを閉じます。

    • アドレスやユーザー資格情報が間違っているなど、エラーが発生した場合には、出力ログにメッセージが出力されます。

Adding an unlisted device

  1. [Launch](起動) ボタンの横にあるドロップダウン矢印をもう一度クリックすると、先ほど追加した HoloLens デバイスが表示されます。 HoloLens デバイスを選択して、HoloLens に対するビルドと展開を実行します。

Note

デバイス用のビルドでは、シェーダーの再コンパイルが実行される場合があります (特に最初の実行時)。これには時間がかかることがあります。 アプリが実行されるまで、デバイスがスリープ状態にならないようにしてください (場合によっては、装着する必要があります)。 そうしないと、シェーダーのコンパイルが失敗します。

デバイス ポータルを使用したデバイスへの展開

アプリのパッケージ化と展開に関する詳細な手順については、Unreal チュートリアル シリーズを参照してください。

次の開発チェックポイント

これまで説明してきた Unreal 開発工程に従っている場合、あなたは現在、展開ステージの途中段階にあります。 ここから、高度なサービスの追加に進むことができます。

いつでも Unreal 開発チェックポイントに戻ることができます。