フレームワークとランタイム - MRTK2

シーンを変更する

ツールキットを使用するには、シーンに MixedRealityToolkit スクリプトのインスタンスが存在する必要があります。 追加するには、メニュー オプション [Mixed Reality ツールキット] -> [シーンに追加して構成] を使用します。 このインスタンスの役割は、サービスを登録、更新、削除することです。 また、構成プロファイルが選択されている場所でもあります。

このメニュー オプションでは、MRTK GameObject をシーンに追加する以外に、次の処理も行われます。

  • MixedRealityPlayspace を追加します。MixedRealityPlayspace は、ワールド空間とローカル空間の変換を推論するために、他の多くの MRTK コンポーネントで使用されます。
  • メイン カメラを MixedRealityPlayspace の子として移動します (また、一部の入力と視線入力に関連するスクリプトをメイン カメラに追加します。これは、UnityUI と視線入力に関連する入力機能の強化に役立ちます)。

MixedRealityToolkit オブジェクトとランタイム

MRTK には、複数のコア サービスがあります。 一部は相互に調整され、その他は独立しています。 すべてで同じライフ サイクル (スタートアップ、登録、更新、削除) が共有され、そのライフ サイクルは Unity の MonoBehaviour ライフ サイクルとは異なります。 MRTK には、サービスのライフとランタイムを管理するオブジェクトが 1 つあります。

このエンティティでは、次の処理が行われます。

  • ゲームが開始されると、サービスの検出と初期化が定義された順序で発生します。
  • これは、サービスが自分自身を登録するためのメカニズム (つまり、"このサービスをサポートしています!") と他の呼び出し元がそれらのサービスを保留するためのメカニズムを提供します。
  • Update()/LateUpdate() 呼び出しが提供され、さまざまなサービスに (つまり、UpdateAllServices/LateUpdateAllServices 経由で) 転送されます。