Share via


Mixed Realityと HoloLens キーボード ヘルパー クラス — MRTK2

MRTK には、システム キーボードからの起動とテキストの読み取りに役立つ、いくつかの実験的なヘルパー コンポーネントが用意されています。

システム キーボードはターゲット プラットフォームの機能に従って動作することに注意してください。たとえば、HoloLens 2 のキーボードでは直接のハンド インタラクションがサポートされ、HoloLens (第 1 世代) のキーボードでは GGV1 がサポートされます。 また、システム キーボードは、エディターから HoloLens に Unity Remote を実行しているときには表示されません。

MixedRealityKeyboard

MixedRealityKeyboard は、システム キーボードの起動や終了、およびキーボードで入力されたテキストを操作する方法を提供するコンポーネントです。

使い方

  1. MixedRealityKeyboard コンポーネントを任意のオブジェクトにアタッチします。
  2. ShowKeyboard(string text = "", bool multiLine = false)HideKeyboard() を呼び出して、キーボードの表示と非表示を切り替え、キーボードが表示されたとき、非表示にされたとき、および Enter キーが押されたときに処理する OnShowKeyboardOnHideKeyboard、および OnCommitText イベントを処理します。

入力フィールド TMP_KeyboardInputField と UI_KeyboardInputField

TMP_KeyboardInputFieldUI_KeyboardInputField クラスは、テキスト入力フィールドに追加して、クリックしたらシステム キーボードを自動的に起動し、ユーザーがテキストを入力したらテキスト入力フィールドの内容を更新できるようにするコンポーネントです。

使用方法

  1. UnityUI または TextMeshPro の入力フィールドを作成します。
  2. 対応する TMP_KeyboardInputField または UI_KeyboardInputField コンポーネントを入力フィールドのゲーム オブジェクトに追加します。

"Assets\MRTK\Experimental\MixedRealityKeyboard\Prefabs" に、UnityUI 入力フィールドと TextMeshPro (TMPro) 入力フィールド用の両方のプレハブがあります。

TMP_KeyboardInputField と UI_KeyboardInputField を使用する方法の例は、"Assets\MRTK\Examples\Experimental\MixedRealityKeyboard\Scenes\MixedRealityKeyboardExample.unity" にあります。