素材ギャラリー — MRTK3

このサンプル シーンでは、グラフィックス ツール/標準シェーダーの機能が表示されます。

Standard Shader sample scene

エッジと頂点の効果

次の例では、オブジェクトのテクスチャ座標 (UV) を使用するさまざまな効果を紹介します。 たとえば、プロシージャ エッジのハイライト、動的に丸められたエッジ、ワイヤフレーム レンダリング、光彩効果などです。

Standard Shader edge and vertex effects

サーフェスの効果

このセクションでは、グラフィックス ツール/標準シェーダーで実現できるサーフェス レンダリング効果について説明します。 次の例では、ステンシル効果とクリッピング効果、または PBR 機能として、考えられるバリエーションのごく一部を示しています。

Standard Shader surface effects

ホバー ライト

シーンにポイント ライトを配置すると、パフォーマンス上の負荷が高くなる可能性があります。 ホバー ライトは、通常、UI 照明に使用されますが、ポイント ライトのより高速な代替手段としても使用できます。 1 つのシーンで一度に最大 4 つのホバー ライトをアクティブにすることができます。

Standard Shader hover lights

表示モード

レンダリング モードは、マテリアルをいつどのようにレンダリングするかを決定します。 これにより、穴、フェード透明度、色計算効果などの効果が可能になり、カスタム レンダリング モードを使用してさらに調整できます。

Standard Shader rendering modes

グラフィックス ツール標準シェーダーの詳細な概要については、次も参照してください。