Microsoft Endpoint Configuration Manager で MSIX Core アプリを展開する

Microsoft Endpoint Configuration Manager を使用して MSIX アプリケーションを提供することにより、IT 担当者は他のアプリケーションを依存関係としてリンクし、それらを事前にインストールするようにできます。 MSIX Core アプリケーションへの依存関係を作成することにより、デバイスで必要な場合にのみ MSIX Core アプリケーションがインストールされるようにできます。 Microsoft Endpoint Configuration Manager でのアプリケーションの依存関係の詳細については、アプリケーションの作成: 展開の種類の依存関係をご覧ください。

はじめに

以下の手順では、Microsoft Endpoint Configuration Manager を使用して MSIX Core の展開戦略を設定する方法について説明します。

  1. Microsoft Endpoint Configuration Manager で MSIX Core をデプロイする
  2. MSIX Core をサポートするように既存の MSIX パッケージを更新する
  3. Microsoft Endpoint Configuration Manager で MSIX Core アプリを展開する

MSIX Core Microsoft Endpoint Configuration Manager アプリケーションの作成

ここでは、クライアント デバイスに MSIX Core アプリを展開する目的で Microsoft Endpoint Configuration Manager アプリケーションを作成する手順について説明します。

前のガイドに従ったこと (上記の「はじめに」セクションのガイドの一覧を参照してください)、また、MSIX Core 対応アプリを取得/更新/作成したことを前提とします。 また、Microsoft Endpoint Configuration Manager ツールからアクセスできるファイル共有にアプリをコピーしたことも前提とします。 次の手順では、環境内のクライアント デバイスに新しいアプリを展開します。

Microsoft Endpoint Configuration Manager 内で MSIX Core 依存アプリケーションを作成する

  1. Microsoft Endpoint Configuration Manager コンソール内で、[ソフトウェア ライブラリ] > [概要]、[アプリケーション管理]、[アプリケーション] の順に移動します。
  2. リボンから [アプリケーションの作成] を選択します。
  3. [アプリケーションの情報を手動で指定する] ラジオ ボタンを選択します。
  4. [次へ] ボタンを選択します。
  5. アプリケーションの詳細を適切なフィールドに入力します。
  6. [次へ] ボタンを 2 回選択します。
  7. [追加] ボタンを選びます。
  8. 種類を [スクリプト インストーラー] に設定します。
  9. [次へ] ボタンを選択します。
  10. サフィックス " - MSIXCore" を付けてアプリケーション名を入力します (つまり: "Application Y - MSIXCore")。
  11. [次へ] ボタンを選択します。
  12. [コンテンツの場所] の横にある [参照] ボタンを選択し、アプリのインストール メディアが含まれているファイル共有に移動します。
  13. [フォルダーの選択] ボタンを選択します。
  14. [インストール プログラム] の横にある [参照] ボタンを選択し、ファイルの種類を [すべてのファイル ( * . * )] に設定して、インストール メディアを選択します。
  15. [開く] ボタンを選択します。
  16. [インストール プログラム] フィールドを次のように更新します。
"C:\Program Files\msixmgr\msixmgr.exe -AddPackage [Application.msix] -quietUX"
  1. [アンインストール プログラム] フィールドを次のように設定します。
"C:\Program Files\msixmgr\msixmgr.exe" -RemovePackage [Package Family Name] -quietUX
  1. [Package Family Name] を、MSIX アプリケーションのパッケージ ファミリ名に置き換えます。
  2. [次へ] ボタンを選択します。
  3. [カスタム スクリプトを使用してこの展開の種類の存在を検出する] ラジオ ボタンを選択します。
  4. [編集] ボタンを選択します。
  5. スクリプトの種類が [PowerShell] に設定されていることを確認します
  6. 次のように入力します。
Set-Location "C:\Program Files\msixmgr"

IF([Boolean]$(get-item "msixmgr.exe"))
{
    $Result = $(.\msixmgr.exe -FindPackage [Package Family Name]*)

    IF($($Result.GetType().Name) -eq "Object[]")
    {
        Return 1
    }
}
  1. [Package Family Name] を、アプリケーションの MSIX パッケージ ファミリ名に更新します。
  2. [OK] ボタンを選択します。
  3. [次へ] ボタンを選択します。
  4. [インストールの動作] を [ユーザー用にインストール] に設定します。
  5. [許容最長実行時間 (分)] と [インストールの推定時間 (分)] を、このアプリケーションに適した値に設定します。
  6. [インストール プログラムの表示] を [非表示] として設定します。
  7. [次へ] ボタンを選択します。
  8. [追加] ボタンを選びます。
  9. [カテゴリ] が [デバイス] に設定されていることを確認します。
  10. [条件] を [オペレーティング システム] として設定します
  11. [オペレーティング システム] の一覧から [Windows 7] チェックボックスをオンにします。
  12. [OK] ボタンを選択します。
  13. [次へ] ボタンを選択します。
  14. [追加] ボタンを選びます。
  15. [依存関係グループ名] を [MSIX Core] として設定します。
  16. [追加] ボタンを選びます。
  17. [利用可能なアプリケーション] の一覧から [MSIX Core] を選択します。
  18. [展開の種類] の一覧から、[32 ビット] オプションと [64 ビット] オプションの両方を選択します。
  19. [OK] ボタンを選択します。
  20. [OK] ボタンを選択します。
  21. [次へ] ボタンを 2 回選択します。
  22. [閉じる] ボタンを選択します。

MSIX Core に依存しない展開の種類を追加する

  1. [追加] ボタンを選びます。
  2. [種類] が [Windows アプリ パッケージ (*.appx, *.appxbundle, *.msix, *.msixbundle)] に設定されていることを確認します。
  3. [参照] ボタンを選択し、MSIX Core 対応アプリケーションのインストール メディアに移動して、[開く] ボタンを選択します。
  4. [次へ] ボタンを 6 回選択します。
  5. [閉じる] ボタンを選択します。
  6. [次へ] ボタンを 2 回選択します。
  7. [閉じる] ボタンを選択します。