トラステッド プラットフォーム モジュール

適用対象

  • Windows 10
  • Windows 11
  • Windows Server 2016 以上

トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) テクノロジは、ハードウェア ベースのセキュリティ関連機能を提供します。 TPM チップは、暗号化キーの生成、保存、使用制限などを行う際に役立つセキュアな暗号プロセッサです。 以下のトピックで、詳細について説明します。

トピック 説明
トラステッド プラットフォーム モジュールの概要 トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) の概要、および Windows がアクセスの制御や認証で TPM をどのように使用しているかについて説明します。
TPM の基本事項 TPM での暗号キーの使用方法に関する背景情報を説明します。 また、TPM で使用されるテクノロジ (TPM ベースのスマート カードなど) についても説明します。
TPM グループ ポリシー設定 グループ ポリシー設定を使用して一元管理できる TPM サービスについて説明します。
AD DS への TPM 回復情報のバックアップ Windows 10 バージョン 1511 と Windows 10 バージョン 1507 のみが対象となりますが、コンピューターの TPM 情報を Active Directory Domain Services にバックアップする方法について説明します。
TPM のトラブルシューティング TPM スナップインの TPM.msc を使用して実行できる操作 (TPM の状態の表示、TPM の初期化のトラブルシューティング、TPM のキーのクリア) について説明します。 また、TPM 1.2 とWindows 10バージョン 1507 または 1511、またはWindows 11では、TPM のオンとオフを切り替える方法について説明します。
TPM 2.0 デバイスでの PCR バンクについて TPM 2.0 デバイスでの PCR バンクを切り替えたときにどのようになるかについての背景情報を説明します。
TPM の推奨事項 TPM 1.2 と 2.0 の違い、TPM が必要または推奨される Windows 機能など、TPM の側面について説明します。