5069(S, F): 暗号化関数のプロパティ操作が試行されました。

このイベントは 、BCryptSetContextFunctionProperty() 関数で生成されます。 この関数は、暗号化次世代 (CNG) 関数です。

このイベントは、既存の CNG コンテキスト内の暗号化関数の名前付きプロパティが追加または削除されたときに生成されます。

暗号化次世代 (CNG) の詳細については、次のページを参照してください。

このイベントは、暗号化次世代 (CNG) のトラブルシューティングに使用されます。

このドキュメントには、このイベントの例はありません。

サブカテゴリ: その他のポリシー変更イベントの監査

イベント スキーマ:

暗号化関数のプロパティ操作が試行されました。

サブジェクト:

セキュリティ ID:%1

アカウント名:%2

アカウント ドメイン:%3

ログオン ID:%4

構成パラメーター:

Scope:%5

Context:%6

インターフェイス:%7

Function:%8

Property:%9

Operation:%10

値:%11

戻りコード:%12

必須サーバーロール: ありません。

最小 OS バージョン: Windows Server 2008、Windows Vista。

イベント バージョン: 0。

セキュリティ監視の推奨事項

  • 通常、このイベントは CNG 関連の暗号化関数の詳細な監視に必要です。 特定の暗号化機能に関連するアクションを監視またはトラブルシューティングする必要がある場合は、このイベントを確認して、必要な情報が提供されているかどうかを確認してください。