Share via


Unity: UWP プロジェクトのバージョン管理

ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) を使って Xbox 用の Unity ゲームをまだ構築していない場合には、 まず「Xbox の UWP への Unity ゲームの移行」をご覧ください。

生成された UWP ディレクトリの一部をバージョン管理に追加することにはいくつかの理由があり、依存関係 (たとえば、Xbox Live SDK) の追加もその 1 つです。 このチュートリアルでは、このシナリオを例として使用しますが、プロジェクトの個別のニーズを解決する際の参考になれば幸いです。

免責事項: ここでは、バージョン管理のソリューションとして Git を使用します。別のものをお使いの場合でも、説明されている概念を参考にしてください。

こちらのゲーム ScrapyardPhoenix のディレクトリが現在どのようになっているかを、確認のため以下に示します。

ビルドの保存先フォルダー

また、UWP ディレクトリは次のようになっています。

UWP VS ソリューション

このディレクトリで、注目する必要があるのは ScrapyardPhoenix (お客様のゲームの名前をここに挿入) フォルダーのみです。 他の要素はバージョン管理ではすべて無視できます。

.gitignore ファイルについて詳しくは、gitignore をご覧ください。

##################################################################
# The original .gitignore file can be found at
# https://github.com/github/gitignore/blob/master/Unity.gitignore
##################################################################

# standard ignores for a Unity Project
...

# ignore the whole UWP directory
/UWP/**

# except we want to keep... (this line will be modified and removed further down)
!/UWP/ScrapyardPhoenix/

ここでは、UWP/ScrapyardPhoenix フォルダー内のいくつかのファイルやフォルダーを選択してバージョン管理に追加します。 最初に、フォルダーの内容全体を詳しく見てみましょう。

UWP ビルド ディレクトリ

Folders

[フォルダー名] 設定 説明
Assets 包含 Microsoft Store の画像が格納されています
Data Ignore Unity でプロジェクト (シーン、シェーダー、スクリプト、プレハブなど) のコンパイル先となる場所です
Dependencies 包含 このフォルダーは、UWP のすべての依存関係 (たとえば XboxLiveSDK.dll) を格納するために作成したフォルダーです
Properties 包含 開発者が変更できる高度な設定が格納されています
Unprocessed Ignore Unity の .dll ファイルと .pdb ファイルが格納されています

ファイル

[フォルダー名] 設定 説明
App.cs 包含 UWP アプリケーションのエントリ ポイントであり、他のソース ファイルを使って、変更、拡張することができます
Package.appxmanifest 包含 .msix または .appx のパッケージのアプリ パッケージ マニフェスト ソース ファイル
project.json 包含 *.csproj が依存する NuGet パッケージを記述します
ScrapyardPhoenix.csproj 包含 UWP ビルド ターゲットを記述します。新しい依存関係を UWP プロジェクトに追加した場合、この *.csproj ファイルにその情報が格納されます
ScrapyardPhoenix.csproj.user Ignore このファイルにはローカル ユーザーの情報が格納されます

結果として得られる .gitignore

##################################################################
# The original .gitignore file can be found at
# https://github.com/github/gitignore/blob/master/Unity.gitignore
##################################################################

# standard ignores for a Unity Project
...

# ignore the whole UWP directory
/UWP/**

# except we want to keep...
!/UWP/ScrapyardPhoenix/Assets/*
!/UWP/ScrapyardPhoenix/Dependencies/*
!/UWP/ScrapyardPhoenix/Properties/*
!/UWP/ScrapyardPhoenix/App.cs
!/UWP/ScrapyardPhoenix/Package.appxmanifest
!/UWP/ScrapyardPhoenix/project.json
!/UWP/ScrapyardPhoenix/ScrapyardPhoenix.csproj

これで、開発チームのメンバーは生成された最新の UWP プロジェクトを利用できるようになります。 新しいアセット、ソース、依存関係を、UWP プロジェクトに自由に追加できます。

UWP アプリへの依存関係の追加

依存関係を Plugins フォルダーの下の Unity Assets フォルダーに置くことにより、DLL と WINMD に依存関係を追加します。次に Inspector でそれを選択し、ターゲット プラットフォーム設定を適切に設定します。

UWP ソリューション

ScrapyardPhoenix (ユニバーサル Windows) が、Xbox Live SDK などへの参照を追加する対象のプロジェクトです。

こちらもご覧ください