IBackgroundCopyManager::CreateJob メソッド (bits.h)

ジョブを作成します。

構文

HRESULT CreateJob(
  [in]  LPCWSTR            DisplayName,
  [in]  BG_JOB_TYPE        Type,
  [out] GUID               *pJobId,
  [out] IBackgroundCopyJob **ppJob
);

パラメーター

[in] DisplayName

ジョブの表示名を含む null で終わる文字列。 通常、表示名は、ユーザー インターフェイスでジョブを識別するために使用されます。 複数のジョブが同じ表示名を持つことがあることに注意してください。 NULL にすることはできません。 名前は 256 文字に制限され、null ターミネータは含まれません。

[in] Type

BG_JOB_TYPE_DOWNLOADなど、転送ジョブの種類。 転送の種類の一覧については、BG_JOB_TYPE列挙体 参照してください。

[out] pJobId

キュー内のジョブを一意に識別します。 この識別子は、 IBackgroundCopyManager::GetJob メソッドを呼び出してキューからジョブを取得するときに使用します。

[out] ppJob

ジョブのプロパティを変更し、転送するファイルを指定するために使用する IBackgroundCopyJob インターフェイス ポインター。 キュー内のジョブをアクティブにするには、 IBackgroundCopyJob::Resume メソッドを呼び出します。 完了したら ppJob を 解放します。

戻り値

このメソッドは、次の HRESULT 値だけでなく、他の値も返します。

リターン コード 説明
S_OK
新しいジョブが正常に生成されました。
E_INVALIDARG
表示名が長すぎます。
BG_E_TOO_MANY_JOBS_PER_MACHINE
MaxJobsPerMachine グループ ポリシー設定によって、コンピューターに作成できるジョブの数が決まります。 このジョブの追加が MaxJobsPerMachine の制限を超えています。
BG_E_TOO_MANY_JOBS_PER_USER
MaxJobsPerUser グループ ポリシー設定は、ユーザーが作成できるジョブの数を決定します。 このジョブの追加が MaxJobsPerUser の制限を超えています。

注釈

ジョブを作成するユーザー、または管理者特権を持つユーザーのみが 、ジョブにファイルを追加 し、 ジョブのプロパティを変更できます。

既定では、BITS では、一度に最大 300 個のジョブがサポートされます。 1 人のユーザーが一度に最大 60 個のジョブを作成できます。 ユーザー制限は、管理者またはサービス アカウントには適用されません。 これらの既定値を変更するには、 それぞれ MaxJobsPerMachine グループ ポリシーと MaxJobsPerUser グループ ポリシーを設定します。

Windows Vista より前のバージョン: BITS がサポートするジョブの数や、ユーザーが作成できるジョブの数に制限はありません。

スケーラビリティに関する問題については、「 BITS を使用するときのベスト プラクティス」を参照してください。

新しいジョブを作成する例については、「ジョブ の作成」を参照してください。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows XP
サポートされている最小のサーバー Windows Server 2003
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー bits.h
Library Bits.lib
[DLL] QmgrPrxy.dll

こちらもご覧ください

ジョブの作成

IBackgroundCopyJob

IBackgroundCopyJob::Resume