D3D11_FEATURE_DATA_D3D10_X_HARDWARE_OPTIONS構造体 (d3d11.h)

現在のグラフィックス ドライバーでのコンピューティング シェーダーと未加工および構造化バッファーのサポートについて説明します。

構文

typedef struct D3D11_FEATURE_DATA_D3D10_X_HARDWARE_OPTIONS {
  BOOL ComputeShaders_Plus_RawAndStructuredBuffers_Via_Shader_4_x;
} D3D11_FEATURE_DATA_D3D10_X_HARDWARE_OPTIONS;

メンバー

ComputeShaders_Plus_RawAndStructuredBuffers_Via_Shader_4_x

種類: BOOL

計算 シェーダーと生バッファーと構造化バッファーがサポートされている場合は TRUE。それ以外の場合 は FALSE

解説

コンピューティング シェーダー モデル 5.0 をサポートするには、Direct3D 11 デバイス (D3D_FEATURE_LEVEL_11_0) が必要です。 Direct3D 10.x デバイス (D3D_FEATURE_LEVEL_10_0、D3D_FEATURE_LEVEL_10_1) では、必要に応じてコンピューティング シェーダー モデル 4.0 または 4.1 をサポートできます。

必要条件

   
Header d3d11.h

関連項目

コア構造