XMVectorNorInt 関数 (directxmath.h)

2 つのベクトルの論理 NOR を計算し、各コンポーネントを符号なし整数として扱います。

構文

XMVECTOR XM_CALLCONV XMVectorNorInt(
  [in] FXMVECTOR V1,
  [in] FXMVECTOR V2
) noexcept;

パラメーター

[in] V1

最初のベクトル。

[in] V2

2 番目のベクトル。

戻り値

各コンポーネントが V1V2 の対応するコンポーネントの論理 NOR であるベクトルを返します。

注釈

次の擬似コードは、関数の操作を示しています。

XMVECTOR Result;

Result.x = ~(V1.x | V2.x);
Result.y = ~(V1.y | V2.y);
Result.z = ~(V1.z | V2.z);
Result.w = ~(V1.w | V2.w);

return Result;

プラットフォームの要件

Windows SDK for Windows 8を使用した Microsoft Visual Studio 2010 または Microsoft Visual Studio 2012。 Win32 デスクトップ アプリ、Windows ストア アプリ、Windows Phone 8 アプリでサポートされます。

要件

   
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー directxmath.h (DirectXMath.h を含む)

こちらもご覧ください

ビットごとのベクトル関数