XMVectorSplatY 関数 (directxmath.h)

ベクターの y コンポーネントをすべてのコンポーネントにレプリケートします。

構文

XMVECTOR XM_CALLCONV XMVectorSplatY(
  [in] FXMVECTOR V
) noexcept;

パラメーター

[in] V

y コンポーネントの選択元となるベクター。

戻り値

ベクトルを返します。そのコンポーネントはすべて V の y 成分と等しくなります。

注釈

プラットフォームの要件

Microsoft Visual Studio 2010 または Microsoft Visual Studio 2012 と Windows SDK for Windows 8。 Win32 デスクトップ アプリ、Windows ストア アプリ、Windows Phone 8 アプリでサポートされます。

要件

要件
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー directxmath.h (DirectXMath.h を含む)

こちらもご覧ください

コンポーネントごとのベクトル関数