ImageAttributes::ClearGamma メソッド (gdiplusimageattributes.h)

ImageAttributes::ClearGamma メソッドは、指定されたカテゴリのガンマ補正を無効にします。

構文

Status ClearGamma(
  [in, optional] ColorAdjustType type
);

パラメーター

[in, optional] type

型: ColorAdjustType

ガンマ補正が無効になっているカテゴリを指定する ColorAdjustType 列挙体の要素。 既定値は ColorAdjustTypeDefault です

戻り値

型: 状態

メソッドが成功した場合は、状態列挙体の要素である Ok を返します。

メソッドが失敗した場合は、 Status 列挙体の他の要素のいずれかを返します。

注釈

ImageAttributes オブジェクトは、既定、ビットマップ、ブラシ、ペン、テキストの 5 つの調整カテゴリの色とグレースケールの設定を保持します。 たとえば、既定のカテゴリのガンマ値、ビットマップ カテゴリの別のガンマ値、およびペン カテゴリの別のガンマ値を指定できます。

既定の色調整設定とグレースケール調整設定は、独自の調整設定を持たないすべてのカテゴリに適用されます。 たとえば、ペン カテゴリに調整設定を指定しない場合は、既定の設定がペン カテゴリに適用されます。

特定のカテゴリに対してカラー調整またはグレースケール調整設定を指定するとすぐに、既定の調整設定がそのカテゴリに適用されなくなります。 たとえば、既定のカテゴリにガンマ値と色調整マトリックスを指定するとします。 ImageAttributes::SetGamma を呼び出してペン カテゴリのガンマ値を設定した場合、既定のガンマ値はペンには適用されません。 後で ImageAttributes::ClearGamma を呼び出してペンのガンマ値をクリアした場合、ペン カテゴリは既定のガンマ値に戻りません。代わりに、ペン カテゴリにはガンマ値はありません。 同様に、ペン カテゴリは既定の色調整マトリックスに戻りません。代わりに、ペン カテゴリには色調整マトリックスはありません。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows XP、Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー gdiplusimageattributes.h (Gdiplus.h を含む)
Library Gdiplus.lib
[DLL] Gdiplus.dll

こちらもご覧ください

Bitmap

ColorAdjustType

Image

ImageAttributes

ImageAttributes::SetGamma

メタファイル

色変更