ImageAttributes::ClearOutputChannelColorProfile メソッド (gdiplusimageattributes.h)

ImageAttributes::ClearOutputChannelColorProfile メソッドは、指定したカテゴリの出力チャネルのカラー プロファイル設定をクリアします。

構文

Status ClearOutputChannelColorProfile(
  [in, optional] ColorAdjustType type
);

パラメーター

[in, optional] type

型: ColorAdjustType

出力チャネル プロファイル設定をクリアするカテゴリを指定する ColorAdjustType 列挙体の要素。 既定値は ColorAdjustTypeDefault です

戻り値

型: 状態

メソッドが成功した場合は、Status 列挙型の要素である Ok を返します。

メソッドが失敗した場合は、 Status 列挙体の他の要素のいずれかを返します。

注釈

ImageAttributes オブジェクトは、既定、ビットマップ、ブラシ、ペン、テキストの 5 つの調整カテゴリの色とグレースケールの設定を保持します。 たとえば、既定のカテゴリの出力チャネル プロファイルと、ビットマップ カテゴリに別の出力チャネル プロファイルを指定できます。

既定の色とグレースケールの調整設定は、独自の調整設定を持たないすべてのカテゴリに適用されます。 たとえば、ビットマップ カテゴリの調整設定を指定しない場合、既定の設定はビットマップ カテゴリに適用されます。

特定のカテゴリに対してカラーまたはグレースケールの調整設定を指定するとすぐに、既定の調整設定がそのカテゴリに適用されなくなります。 たとえば、既定のカテゴリの出力チャネル プロファイルと調整マトリックスを指定するとします。 ImageAttributes::SetOutputChannelColorProfile を呼び出してビットマップ カテゴリの出力チャネル プロファイルを設定した場合、既定の出力チャネル プロファイルはビットマップには適用されません。 後で ImageAttributes::ClearOutputChannelColorProfile を呼び出してビットマップ出力チャネル プロファイルをクリアした場合、ビットマップ カテゴリは既定の出力チャネル プロファイルに戻りません。代わりに、ビットマップ カテゴリには出力チャネル プロファイルの設定はありません。 同様に、ビットマップ カテゴリは既定の色調整マトリックスに戻りません。代わりに、ビットマップ カテゴリには色調整マトリックスはありません。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows XP、Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー gdiplusimageattributes.h (Gdiplus.h を含む)
Library Gdiplus.lib
[DLL] Gdiplus.dll

こちらもご覧ください

ColorAdjustType

ColorChannelFlags

ImageAttributes

ImageAttributes::ClearOutputChannel

ImageAttributes::SetOutputChannel

ImageAttributes::SetOutputChannelColorProfile