Share via


IMMEndpoint インターフェイス (mmdeviceapi.h)

IMMEndpoint インターフェイスは、オーディオ エンドポイント デバイスを表します。 クライアントは、次の手順に従って IMMEndpoint インターフェイス インスタンスへの参照を取得します。

  1. 「IMMDevice Interface」で説明されているいずれかの手法を使用して、オーディオ エンドポイント デバイスの IMMDevice インターフェイスへの参照を取得します。
  2. パラメーター iid を REFIID IID_IMMEndpointに設定してIMMDevice::QueryInterface メソッドを呼び出します。

継承

IMMEndpoint インターフェイスは、IUnknown インターフェイスから継承されます。 IMMEndpoint には、次の種類のメンバーもあります。

メソッド

IMMEndpoint インターフェイスには、これらのメソッドがあります。

 
IMMEndpoint::GetDataFlow

GetDataFlow メソッドは、オーディオ エンドポイント デバイスがレンダリング デバイスかキャプチャ デバイスかを示します。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows Vista [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー Windows Server 2008 [デスクトップ アプリのみ]
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー mmdeviceapi.h

関連項目

コア オーディオ インターフェイス

IMMDevice インターフェイス

MMDevice API