ISyncMgrSynchronizeCallback::D eleteLogError メソッド (mobsync.h)

登録済みアプリケーションのハンドラーによって呼び出され、同期マネージャーの状態ダイアログ ボックスの [エラー] タブで、以前にログに記録された ErrorInformation、警告、またはエラー メッセージを削除します。

構文

HRESULT DeleteLogError(
  [in] REFGUID ErrorID,
  [in] DWORD   dwReserved
);

パラメーター

[in] ErrorID

種類: REFGUID

削除する LogError。 ErrorID がGUID_NULL場合、登録済みアプリケーションのハンドラーのインスタンスによってログに記録されたすべてのエラーが削除されます。

[in] dwReserved

型: DWORD

戻り値

種類: HRESULT

このメソッドは、標準の戻り値である E_INVALIDARG、E_UNEXPECTED、および E_OUTOFMEMORY をサポートすると同時に、次の値もサポートしています。

リターン コード 説明
S_OK
アイテムがログから正常に削除されました。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー mobsync.h
[DLL] Mobsync.dll

関連項目

ISyncMgrSynchronizeCallback