ITaskScheduler インターフェイス (mstask.h)

[[この API は、以降のバージョンのオペレーティング システムまたは製品で変更または使用できない場合があります。 代わりに タスク スケジューラ 2.0 インターフェイス を使用してください。 ]

タスクをスケジュールするためのメソッドを提供します。

これは、 タスク スケジューラ オブジェクトの主要なインターフェイスです。 タスク スケジューラ オブジェクトを作成するには、 CoCreateInstance を呼び出します。

継承

ITaskScheduler インターフェイスは、IUnknown インターフェイスから継承します。 ITaskScheduler には、次の種類のメンバーもあります。

メソッド

ITaskScheduler インターフェイスには、これらのメソッドがあります。

 
ITaskScheduler::Activate

Activate メソッドは、指定された作業項目のアクティブなインターフェイスを返します。
ITaskScheduler::AddWorkItem

AddWorkItem メソッドは、タスクのスケジュールにタスクを追加します。
ITaskScheduler::D elete

Delete メソッドは、タスクを削除します。
ITaskScheduler::Enum

Enum メソッドは、現在のタスク フォルダー内のタスクを列挙する OLE 列挙子オブジェクトへのポインターを取得します。
ITaskScheduler::GetTargetComputer

GetTargetComputer メソッドは、ITaskScheduler が現在対象となっているコンピューターの名前を返します。
ITaskScheduler::IsOfType

IsOfType メソッドは、オブジェクトの型をチェックして、特定のインターフェイスをサポートしていることを確認します。
ITaskScheduler::NewWorkItem

NewWorkItem メソッドは、新しい作業項目を作成し、作業項目の領域を割り当てて、そのアドレスを取得します。
ITaskScheduler::SetTargetComputer

SetTargetComputer メソッドは、ITaskScheduler インターフェイスが動作するコンピューターを選択し、リモート タスクの管理と列挙を可能にします。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー mstask.h
再頒布可能パッケージ Windows NT 4.0 および Windows 95 の Internet Explorer 4.0 以降