IDispatch インターフェイス (oaidl.h)

オブジェクト、メソッド、プロパティを、オートメーションをサポートするプログラミング ツールやその他のアプリケーションに公開します。 COM コンポーネントは、Visual Basic などの Automation クライアントによるアクセスを有効にするために IDispatch インターフェイスを実装します。

継承

IDispatch インターフェイスは、IUnknown インターフェイスから継承します。 IDispatch には、次の種類のメンバーもあります。

メソッド

IDispatch インターフェイスには、これらのメソッドがあります。

 
IDispatch::GetIDsOfNames

1 つのメンバーとオプションの引数名のセットを、Invoke の後続の呼び出しで使用できる整数 DISPID の対応するセットにマップします。
IDispatch::GetTypeInfo

オブジェクトの型情報を取得します。この型情報を使用して、インターフェイスの型情報を取得できます。
IDispatch::GetTypeInfoCount

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。
IDispatch::Invoke

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。

要件

   
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー oaidl.h