PROPDESC_TYPE_FLAGS列挙 (propsys.h)

プロパティの .propdesc ファイル内の typeInfo 要素の属性について説明します。

構文

typedef enum PROPDESC_TYPE_FLAGS {
  PDTF_DEFAULT = 0,
  PDTF_MULTIPLEVALUES = 0x1,
  PDTF_ISINNATE = 0x2,
  PDTF_ISGROUP = 0x4,
  PDTF_CANGROUPBY = 0x8,
  PDTF_CANSTACKBY = 0x10,
  PDTF_ISTREEPROPERTY = 0x20,
  PDTF_INCLUDEINFULLTEXTQUERY = 0x40,
  PDTF_ISVIEWABLE = 0x80,
  PDTF_ISQUERYABLE = 0x100,
  PDTF_CANBEPURGED = 0x200,
  PDTF_SEARCHRAWVALUE = 0x400,
  PDTF_DONTCOERCEEMPTYSTRINGS = 0x800,
  PDTF_ALWAYSINSUPPLEMENTALSTORE = 0x1000,
  PDTF_ISSYSTEMPROPERTY = 0x80000000,
  PDTF_MASK_ALL = 0x80001fff
} ;

定数

 
PDTF_DEFAULT
値: 0
このプロパティは、すべての属性の既定値を使用します。
PDTF_MULTIPLEVALUES
値: 0x1
プロパティには複数の値を指定できます。 これらの値は、 PROPVARIANT 構造体のVT_VECTORとして格納されます。 この値は、プロパティの .propdesc ファイル内の typeInfo 要素の multipleValues 属性によって設定されます。
PDTF_ISINNATE
値: 0x2
このフラグは、プロパティが読み取り専用であり、書き込むことができないことを示します。 この値は、プロパティの .propdesc ファイル内の typeInfo 要素の isInnate 属性によって設定されます。
PDTF_ISGROUP
値: 0x4
プロパティはグループ見出しです。 この値は、プロパティの .propdesc ファイル内の typeInfo 要素の isGroup 属性によって設定されます。
PDTF_CANGROUPBY
値: 0x8
ユーザーはこのプロパティでグループ化できます。 この値は、プロパティの .propdesc ファイル内の typeInfo 要素の canGroupBy 属性によって設定されます。
PDTF_CANSTACKBY
値: 0x10
ユーザーはこのプロパティを使用してスタックできます。 この値は、プロパティの .propdesc ファイル内の typeInfo 要素の canStackBy 属性によって設定されます。
PDTF_ISTREEPROPERTY
値: 0x20
このプロパティには階層が含まれています。 この値は、プロパティの .propdesc ファイル内の typeInfo 要素の isTreeProperty 属性によって設定されます。
PDTF_INCLUDEINFULLTEXTQUERY
値: 0x40
Windows 7 以降では非推奨になりました。 実行されるフルテキスト クエリにこのプロパティを含めます。 この値は、プロパティの .propdesc ファイル内の typeInfo 要素の includeInFullTextQuery 属性によって設定されます。
PDTF_ISVIEWABLE
値: 0x80
このプロパティは、ユーザーが表示するためのものです。 これは、たとえば、[列の選択] ダイアログ ボックスにプロパティが表示されるかどうかに影響します。 この値は、プロパティの .propdesc ファイル内の typeInfo 要素の isViewable 属性によって設定されます。
PDTF_ISQUERYABLE
値: 0x100
Windows 7 以降では非推奨になりました。 このプロパティは、クエリ可能なプロパティの一覧に含まれています。 クエリ可能なプロパティも表示可能である必要があります。 これは、プロパティがクエリ ビルダー UI に表示されるかどうかに影響します。 この値は、プロパティの .propdesc ファイル内の typeInfo 要素の isQueryable 属性によって設定されます。
PDTF_CANBEPURGED
値: 0x200
Windows Vista Service Pack 1 (SP1) 以降。 自然なプロパティ (つまり、他のプロパティ値から計算された値) と共に使用して、削除できることを示します。 この値は、[プロパティの 削除 ] UI によって使用され、そのプロパティを削除するために選択できるプロパティの横にチェック ボックスを表示するかどうかを決定します。 このフラグの有無に関係なく、自然ではないプロパティは常に消去できることに注意してください。
PDTF_SEARCHRAWVALUE
値: 0x400
Windows 7 以降。 書式設定されていない (未加工) プロパティ値は、検索に使用する必要があります。
PDTF_DONTCOERCEEMPTYSTRINGS
値: 0x800
PDTF_ALWAYSINSUPPLEMENTALSTORE
値: 0x1000
PDTF_ISSYSTEMPROPERTY
値: 0x80000000
このプロパティは、システムによって所有されます。
PDTF_MASK_ALL
値: 0x80001fff
すべてのフラグを取得するために使用されるマスク。

注釈

これらの値は propsys.h および propsys.idl で定義されています。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows Vista [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー Windows Server 2008 [デスクトップ アプリのみ]
ヘッダー propsys.h