IExecuteCommand::SetPosition メソッド (shobjidl_core.h)

表示に使用する点の座標を設定します。

構文

HRESULT SetPosition(
  [in] POINT pt
);

パラメーター

[in] pt

種類: POINT

ユーザーが右クリックしてコマンドの選択元のショートカット メニューを呼び出す画面座標。 アプリケーションでは、この情報を使用して任意の UI を表示できます。 これは、マルチモニターの状況で特に便利です。 既定の位置は、既定のモニターの中心です。

戻り値

型: HRESULT

このメソッドは、成功すると S_OK を返します。 そうでない場合は、HRESULT エラー コードを返します。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows 7 [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー Windows Server 2008 R2 [デスクトップ アプリのみ]
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー shobjidl_core.h (Shobjidl.h を含む)