Share via


ITAddress::p ut_MessageWaiting メソッド (tapi3if.h)

put_MessageWaiting メソッドは、アドレスを待機しているメッセージの状態を設定します。

構文

HRESULT put_MessageWaiting(
  [in] VARIANT_BOOL fMessageWaiting
);

パラメーター

[in] fMessageWaiting

設定を待機しているメッセージの状態。

戻り値

このメソッドは、これらの値のいずれかを返すことができます。

リターン コード 説明
S_OK
メソッドが成功しました。
E_INVALIDARG
fMessageWaiting パラメーターが無効です。
E_OUTOFMEMORY
操作を実行するためのメモリが不足しています。
TAPI_E_TIMEOUT
TAPI 3 DLL によってタイムアウトしたため、操作が失敗しました。タイムアウト間隔は 2 分です。

解説

TAPI 2 に精通しているプログラマ向け。X:このメソッドは、lineSetLineDevStatus を呼び出して、LINEDEVSTATUS 構造体の dwDevStatusFlags メンバーでLINEDEVSTATUSFLAGS_MSGWAITフラグをオンまたはオフにします。

要件

   
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー tapi3if.h (Tapi3.h を含む)
Library Uuid.lib
[DLL] Tapi3.dll

関連項目

Address オブジェクト

ITAddress

LINEDEVSTATUS

get_MessageWaiting

lineSetLineDevStatus