IUnknown::AddRef メソッド (unknwn.h)

COM オブジェクトへのインターフェイス ポインターの参照カウントをインクリメントします。 インターフェイス ポインターのコピーを作成するたびに、このメソッドを呼び出す必要があります

構文

ULONG AddRef();

戻り値

このメソッドは、新しい参照カウントを返します。 この値は、テスト目的でのみ使用することを目的としています。

注釈

COM オブジェクトは、インターフェイスごとの参照カウント メカニズムを使用して、オブジェクトが参照を上回らないようにします。 AddRef を使用して、インターフェイス ポインターのコピーを安定させます。 また、複製されたポインターの有効期間が元のポインターの有効期間を超えて拡張する必要がある場合にも呼び出すことができます。 複製されたポインターは、 IUnknown::Release を呼び出して解放する必要があります。

AddRef が保持する内部参照カウンターは、32 ビット符号なし整数である必要があります。

発信者へのメモ

作成したインターフェイス ポインターの新しいコピーごとに、このメソッドを呼び出します。 たとえば、メソッドからポインターのコピーを返す場合は、そのポインターで AddRef を呼び出す必要があります。 また、メソッドにインアウト パラメーターとして渡す前に、ポインターで AddRef を呼び出す必要があります。メソッドは、その上に出力値をコピーする前に IUnknown::Release を呼び出します。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー unknwn.h

こちらもご覧ください