IVssExamineWriterMetadata::GetBackupSchema メソッド (vsbackup.h)

GetBackupSchema メソッドは、要求元がライター メタデータ ドキュメントから特定のライターが参加できるバックアップ操作の種類を決定するために使用されます。

構文

HRESULT GetBackupSchema(
  DWORD *pdwSchemaMask
);

パラメーター

pdwSchemaMask

特定のライターがサポートするバックアップ操作の種類 。VSS_BACKUP_SCHEMA列挙 値のビット マスク (またはビットごとの OR) として表されます。

戻り値

このメソッドの有効なリターン コードを次に示します。

意味
S_OK
エラー メッセージを正常に設定しました。
E_INVALIDARG
バックアップ スキーマ引数が無効です。
E_OUTOFMEMORY
呼び出し元がメモリまたは他のシステム リソースを使い切った。
VSS_E_INVALID_XML_DOCUMENT
XML ドキュメントが無効です。 詳細については、イベント ログを確認してください。 詳細については、「 VSS でのイベントとエラーの処理」を参照してください。

注釈

既定のバックアップ スキーマはVSS_BS_UNDEFINEDです。ライターでは、単純な完全バックアップとファイル全体の復元のみがサポートされます (VSS_BT_FULLで定義されています)、増分バックアップまたは差分バックアップはサポートされず、部分ファイルはサポートされません。

ライターは 、IVssCreateWriterMetadata::SetBackupSchema を呼び出して、そのライター メタデータ ドキュメントでサポートされているスキーマを示します。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows Vista [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー Windows Server 2003 [デスクトップ アプリのみ]
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー vsbackup.h (VsBackup.h、Vss.h、VsWriter.h を含む)
Library VssApi.lib

こちらもご覧ください

IVssCreateWriterMetadata::SetBackupSchema

IVssExamineWriterMetadata

VSS_BACKUP_SCHEMA