IVssHardwareSnapshotProvider インターフェイス (vsprov.h)

IVssHardwareSnapshotProvider インターフェイスには、ボリュームを LUN にマップし、シャドウ コピー プロセス中に作成された LUN を検出し、SAN で LUN を転送するために VSS によって使用されるメソッドが含まれています。 すべてのハードウェア プロバイダーがこのインターフェイスをサポートしている必要があります。

メモ ハードウェア プロバイダーは、Windows Server オペレーティング システムでのみサポートされます。
 

継承

IVssHardwareSnapshotProvider インターフェイスは、IUnknown インターフェイスから継承されます。 IVssHardwareSnapshotProvider には、次の種類のメンバーもあります。

メソッド

IVssHardwareSnapshotProvider インターフェイスには、これらのメソッドがあります。

 
IVssHardwareSnapshotProvider::AreLunsSupported

ハードウェア プロバイダーが、ボリュームに寄与するすべての LUN に対してシャドウ コピーの作成をサポートするかどうかを決定します。
IVssHardwareSnapshotProvider::BeginPrepareSnapshot

シャドウ コピー セットに追加される各シャドウ コピーに対して呼び出されます。
IVssHardwareSnapshotProvider::FillInLunInfo

ハードウェア プロバイダーに、対応するディスク デバイスをサポートしているかどうかを示し、VDS_LUN_INFORMATION構造の省略を修正するように求めます。
IVssHardwareSnapshotProvider::GetTargetLuns

新しく作成されたシャドウ コピー LUN のVDS_LUN_INFORMATION構造体を初期化するようにハードウェア プロバイダーに求めます。
IVssHardwareSnapshotProvider::LocateLuns

ハードウェア プロバイダーに対して、シャドウ コピー LUN をコンピューターに表示するように求めます。
IVssHardwareSnapshotProvider::OnLunEmpty

シャドウ コピー LUN に興味深いデータが含まれないと VSS が判断するたびに呼び出されます。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント サポートなし
サポートされている最小のサーバー Windows Server 2003 (デスクトップ アプリのみ)
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー vsprov.h

こちらもご覧ください

ボリューム シャドウ コピー API インターフェイス